横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜の浦島太郎

観福寿寺


keiunji-1_R.jpg


室町時代の創建、慶応の大火で焼失した。
浦島伝説を持つ浦島院観福寿寺を併合したので浦島寺と呼ばれる。


浦島太郎伝説


urasimatarou.jpg

相模の国三浦の里に、水江の浦島太夫という人が住んでいました。
太夫は仕事のため、久しく丹後の国へ赴いていました。
その子の太郎が一日海に出て帰る際、浜辺で子供らにいじめられていた亀を助けました。
太郎は助けた亀に連れられて「竜宮城」へ行き、乙姫様のもてなしを受けました。
月日の経つのも夢のうちで、いつしか3年の歳月が流れました。

父母恋しさに暇を告げたところ、乙姫様は別れを惜しんで、
玉手箱と聖観世音菩薩を太郎に与えました。故郷の土を踏んだ太郎には、
見るもの聞くものすべて見知らぬものばかりでした。ついにこの玉手箱を開きますと、
中から白い煙が出てきて白髪の老人になりました。
3年と思ったのが実は300年、すでに父母はこの世の人ではなく、
武蔵の国白幡の峰に葬られてあると聞いて尋ねてみると、
二つの墓石が淋しそうに並んでおりました。 

太郎は墓の傍らに庵を結んで菩薩像を安置し、
父母の菩提を弔いましたが、この庵がのちの観福寿寺で、
通称「うらしまでら」と呼ばれました。
観福寿寺は明治5年に廃寺になり、現在は慶運寺に聖観世音菩薩像が安置されています。 
なお、浦島丘の蓮法寺には浦島太夫・太郎父子の供養塔や亀塚の碑があります。 


0001s.jpg


また、七島と大口通との境を流れていた川は浦島太郎が足を洗った川だということで、大口通に足洗川の碑があり、子安通一丁目には太郎が足を洗ったという井戸があります。   

 

浦島丘の蓮法寺



0001a.jpg


浦島寺、蓮法寺は元々浦島寺があった場所に建てられたお寺。
こちらには浦島太郎の供養塔が残る。こちらも台座は亀である。


yokodata_ph138.gif



浦島観音像


urashimatarou.jpg


浦島観音・浦島大明神・亀化龍女神の札と版木や浦島観音の額、
あらたな浦島観音像が造られて奉納されている。


浦島太郎のお墓


kamehaka0121.jpg


横浜の浦島太郎の物語は、全国に広がる浦島太郎の物語の一つである。 多くの伝説の地の中で、とくに横浜にその資料が伝わり続けたのは、浦島寺が東海道沿いに位置し、半ば名所化したことに原因すると考える。 しかしその後、現在に至るまで伝説が語られているのは、地域の人々が浦島太郎の物語を愛し、その伝説を持つ地であることを大切にしてきたからにほかならない。

-横浜の浦島太郎伝説-
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。