FC2ブログ
横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

野毛山節

野毛山節は、幕末から明治維新にかけての流行歌で、「野毛の山から」見た、異人館や外国人練兵場など、開港当時の横浜の情景をやゆ的に歌ったものとされています。歌詞のはやし言葉からノーエ節、サイサイ節とも言われています。作詞者・作曲者はわかっていません。


nogeyama.jpg


野毛山節(ノーエ節)は、「富士の白雪ァノーエ」の歌詞で知られる静岡県三島市の三島農兵節など、全国各地にそれぞれの歌詞があることでも知られています。野毛山節(ノーエ節)の起源については、諸説ありますが、横浜で歌われた野毛山節がノーエ節のオリジナルで、全国各地に伝わったという説もあります。


nogeyamakouen.jpg


-横浜歴史-



スポンサーサイト