横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜廃墟ミステリー【1】ガス爆発マンションのミステリー



ruins02063016_R.jpg



ここは心霊スポットとしてもご紹介したことのある、ガス爆発事故のあったマンション。
ここ2-3年廃墟と貸した物件が全国のあちこちでその存在が問題になっているのをご存知でしょうか?
事件や事故があった物件などが無人となり、管理されることなく廃墟と化していく。


ruins02063001.jpg



ruins02063003.jpg


その存在は近隣住民にも大きな影響を与えている、廃墟と化した物件には防犯上の問題点も多く、
廃墟になり数年のものから数十年もの長きにわたり手付かずに放置されている廃墟物件も多くある。
今回はその中の1つである、ガス爆発事故マンションのその後を追ってみた。

【画像は廃墟ちゃんねる、楓さんに了承を頂いたものである。】

ガス爆発事故


ガス爆発マンションといえばかなり有名な廃墟である。
このマンション地元では【幽霊屋敷】などとも呼ばれていた。
心霊スポットとしての由縁はガス爆発があった後、なかなか取り壊しされないこの物件に、
数々の噂話がささやかれたことに始まっているようだ。
このマンションの右手に墓地があり、ガス爆発事故後廃墟かしていく建物の不気味さがあいまって、
心霊物件となったようだが、現在はマンションは取り壊され、
後ろての崖の崩壊防止策取り壊され綺麗に整地しマンションを建設するという。
この物件が廃墟となった理由は、建築基準法違反物件で温存不可能になり放置といったところだそう・・・

ruins02063015_R.jpg


心霊スポットとして名高い他物件にも、この手の真実が多くあるかもしれない・・・

今回は廃墟ちゃんねる、楓さんに協力していただき、廃墟物件のその後としてお届けしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。