横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パナソニック モバイルコミュニケーションズ

パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社は、松下グループの移動体通信端末のメーカーである。 松下グループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれる。

1958年1月17日 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社設立。(松下電器産業より分離)
1960年 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。
1968年 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業)
1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。
1969年 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。
1991年 BTRONを使った教育用PC「PanaCAL ET」を発売。ハードウェアにはPanacomM530が中核として利用され、ET-Masterという名称のOSを搭載。
2002年9月25日 株式上場廃止。
2002年10月1日 株式交換により、松下電器産業の100%子会社となる。
2003年1月1日 松下グループの再編により、携帯電話端末事業に特化したパナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社が発足。のちに、本社を綱島から佐江戸地区へ移転。(システム事業や自動車機器事業 (カーオーディオ、カーナビゲーション、ETC装置など) などは松下電器産業、固定電話(PHSデジタルコードレス電話親機(VE品番)含む)、インターホン事業(VL品番)、PBX事業はパナソニック コミュニケーションズ(旧・九州松下電器の存続法人)に移管。また、このとき松下電器産業のヘルスケア社に継承された、補聴器や超音波診断装置などの医療機器事業は、2007年4月1日付けでヘルスケア社ごとパナソニック四国エレクトロニクスに継承された)
2006年8月 NEC、TIなどと合弁で、通信プラットフォーム開発会社のアドコアテックを設立。
2006年10月 NECと合弁で、プラットフォーム開発会社のエスティーモを設立。
以上のように、現在の形になったのは2003年1月であるが、松下通信工業の法人格を引き継いでいることから、会社案内における設立日は松下通信工業のもの(1958年1月)としている。

拠点
本社 神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地
YRP研究所 神奈川県横須賀市光の丘5番3号
静岡工場 静岡県掛川市淡陽18番地(掛川東部工業団地エコポリス内)

製品


国内向けは現在、NTTドコモとauとソフトバンクモバイルの三社に端末を供給している。





また、パナソニック モバイルコミュニケーションズと NECは、第三世代携帯電話向けの端末・技術を共同で開発してきており、現在ともにNTTドコモ向けのFOMA端末のOSにLinuxを採用している。ちなみに折りたたみ型携帯電話が主流になる前はパナソニックが携帯電話シェア率1位であったが、折りたたみ型携帯電話が主流になると携帯電話シェア率をNECに譲ることになった。2006年3月の調査では再び携帯電話シェア率が1位に返り咲いた。しかし、2006年上半期の調査では、SHARPに携帯電話シェア率1位を明け渡すこととなった。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


スポンサーサイト
コナカ



株式会社コナカ(かぶしきがいしゃコナカ)は、紳士服量販店「紳士服のコナカ」などを展開する日本の企業である。紳士服業界では、第3位の規模である。青森県から兵庫県迄、東日本を中心に展開している。

1952年9月 湖中久次が神戸市生田区(現在の中央区)にて個人営業として創業。
1954年1月 神戸百貨株式会社を設立。
1960年8月 系列の一文字屋と合併して、日本テーラー株式会社となる。
1973年11月 店舗小売の子会社(80%出資)として株式会社新紳を設立。
1978年9月 郊外型店舗1号店を南町田(東名横浜インター店)に出店。
1984年2月 日本テーラー株式会社はコナカ株式会社に商号変更。
1984年5月 株式会社新紳は株式会社コナカに商号変更。
1988年9月 オリジナルブランドドナートヴィンチを開発。翌年9月より販売開始。
1989年4月 カジュアル専門店1号店として南行徳店開店。
1989年10月 全店POSレジ設置。POSシステム稼動。
1991年2月 本社を横浜市戸塚区に移転。
1991年3月 東戸塚総本店開店。
1991年10月 株式会社コナカを存続会社として、コナカ株式会社、株式会社紳士服のコナカ、コナカ商事株式会社の4社が合併。店舗数186店舗となる。
1992年12月 横浜市戸塚区に物流センター竣工。
1994年6月 カジュアル専門店の屋号をバルボに変更。
1996年3月 店頭売買銘柄として登録し株式を公開。
1997年7月 東京証券取引所第2部に上場。
1997年10月 全店顧客管理システム導入。
1998年5月 コナカエンタープライズ株式会社を設立。フランチャイズ契約により、ベーカリーレストランサンマルクを経営。
1998年7月 ロンドンデザイナースブランドジョンピアースを開発し、同年10月より独占販売開始。
1999年12月 仙台市に紳士服のコナカ、カジュアルハウスバルボ、レストランサンマルクの複合店コナカワールド仙台西多賀店開店。
2000年3月 東京証券取引所第1部銘柄に指定。
2001年4月 ツープライスショップスーツセレクト21を横浜市に開店。
2002年9月 ザ・ウールマークカンパニーとの共同開発で夢の防シワスーツを発売。
2003年1月 株式会社フタタと資本・業務提携。
2003年6月 インターネット通販を開始。
2005年7月 株式会社フタタが自己株式を処分しその株式を取得して22.06%となり、持分法適用会社とする。
2006年6月 カスタムオーダーショップスマートクロージングO・S・Vを神田に開店。
2006年10月 ザ・ウールマークカンパニーとの共同開発でエアーフィットスーツを発売。
2006年12月 株式交換により株式会社フタタと経営統合。完全子会社とする。
2007年6月 JR東日本の電子マネーSuicaと提携、首都圏50店舗に導入する。
2007年10月 クリエイティブディレクターに佐藤可士和氏を起用し、SUIT SELECTをブランドリニューアル。
2007年11月 CMキャンペーンキャラクターに掘北真希を起用。
2007年11月 株式会社フィットハウスと業務資本提携を発表。
2007年12月 世界初、ニオイや汚れを簡単に洗い流せる「シャワークリーンスーツ」の発売を発表


展開店舗及びグループ会社


株式会社コナカ
紳士服のコナカ
スーツセレクト21(SUIT SELECT21)
ジーンズ&カジュアル バルボ
スマートクロージングO・S・V
SUIT SELECT
株式会社フタタ
紳士服のフタタ
スタジアム
コナカエンタープライズ株式会社 - 飲食業の店舗運営を行う完全子会社。
ベーカリーレストラン サンマルク(FC店舗)
大衆食堂 半田屋
スペースクリエイト 自遊空間 - 複合カフェ(マンガ喫茶・ネットカフェ)。2005年9月より店舗の遊休スペース活用目的で参入。


本社所在地 244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町517-2
設立 1973年11月28日
業種 小売業
事業内容 紳士服の販売
代表者 代表取締役社長 湖中謙介
資本金 53億0,569万4,000円
売上高 単体:487億1,849万円(2007年9月期)
連結:569億2,858万円(2007年9月期)
従業員数 1,158人(2007年9月)
決算期 毎年9月30日

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ー

岡村製作所


岡村製作所(おかむらせいさくしょ)は、日本の家具・産業用機器等の製造を主な業務とする企業である。

「オカムラ」の略称で呼ばれる。本社は神奈川県横浜市に所在。東京都港区赤坂にも事業拠点がある。

スローガンは「よい品は結局おトクです」。
太平洋戦争(大東亜戦争)敗北によって業務を失った航空機メーカー・日本飛行機の旧社員であった吉原謙二郎(創業者)たちによって横浜市磯子区岡村町に1945年10月に創業され(会社設立は1946年)、金属加工技術を活かしたアメリカ軍向けのスチール家具納入で業績を高めた。

事務用椅子をはじめとするオフィス向け家具類では高いシェアを持つ、特に官公庁に強い。店舗陳列什器の分野においても高いシェアを持ち、国内唯一のフルラインメーカーでもある。大手、中小各スーパーなどで使われている。また、建具の製造や設置工事も行っている。

また1949年からは、日本で最も早い時期にトルクコンバーターの開発に取り組み、これを素地として産業用機器の開発でも地歩を固めた。

1957年~1960年にかけては、トルクコンバーター搭載の前輪駆動小型自動車「ミカサ」を生産した。これは、日本初の自動変速機搭載車として注目される存在であったが、自動車の販売力が弱かった上に、メインバンクがホンダを優先し岡村にはオフィス家具に専念するようすすめたため、サービスカー(ライトバン)仕様を500台強、オープン2座のツーリング仕様を10台ほど販売し終了している。

1953年に、日本大学と共同で、日大/岡村N-52という「並列複座の軽飛行機」を製作している。

尚、同社はかつて松下電工と親密だったが、近年はむしろ新日本製鐵と緊密である。また、三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱銀行)がメインバンクとなっていたり三菱商事と取引関係にあったりと、三菱グループとも結構近しい関係にあるようだ。


主要な製品


デスクチェア
コンテッサ
世界中で絶賛されているアーロンチェアに対抗すべく制作された、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンのデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロによる、革新的なデザインの多機能デスクチェアである。
アーロンチェアと比較では、ヘッドレストが追加できる事で、リクライニング時の首・肩への負担をなくす事ができるのが、大きな優位点である。流線型を主体とした未来的なデザインは、同業のデザイナーからも高く評価されている。
また、アーロンチェアは大柄な米国人のために作られているため、日本人にはコンテッサの方が理想に近いとする評価も見られる。一方で、アーロンチェアはサイズが A, B, Cと3種類あり(サイズAは身長140-160センチ程度の小柄な人向け、サイズBは160-185センチ程度の中肉中背の人向け、サイズCで185-200センチ程度で大柄の人向け)サイズを適切に選択することで対応出来るとの評価もある。
総じて結論づければ、アーロンチェアは「前傾姿勢での作業」を重視したチェアであり、コンテッサは「後傾姿勢でのリラックス状態による思考支援」を重視したチェアと言える。
バロン
コンテッサの弟分として、同じくジョルジェット・ジウジアーロにより制作された、多機能デスクチェア。コンテッサと比べると、価格も比較的に手頃になり、ヘッドレストも大きく柔らかく、ゆったりとリラックスできる。どちらも高級チェアの部類であり、コンテッサよりもバロンを評価する者も多く、購入時には実際に試して選択すべきである。

略称 オカムラ
本社所在地 〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1丁目4-1
設立 1946年7月15日
業種 その他製品
資本金 186億7000万円
(2006年3月31日現在)
売上高 1991億5300万円(単体)
2022億6600万円(連結)
(2006年3月期)
従業員数 単体:2,679名
連結:3700名(2006年3月31日現在)

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
日産自動車




日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ) (英語名: Nissan Motor Co., Ltd.) は、東京都中央区に本社を置く自動車メーカーである。

通称とブランド名は「日産(NISSAN)」。日本国外の一部では、高級車ブランドである「インフィニティ(INFINITI)」も展開する。

トヨタ自動車、本田技研工業とともに日本の3大自動車メーカーに数えられるが、1999年以降はフランス・ルノー社の連結子会社となった。

300px-Nissan.jpg


市場情報 東証1部 7201
NASDAQ NSANY

略称 日産
本社所在地 104-8023
東京都中央区銀座六丁目17番1号※
設立 1933年12月26日
業種 輸送用機器
事業内容 自動車 (現行車種を参照)
代表者 取締役共同会長兼社長兼最高経営責任者 カルロス・ゴーン
資本金 6,058億1,400万円
(2007年3月31日現在)
売上高 単体:3兆6,089億3,400万円
連結:10兆4,685億8,300万円
(2007年3月期)
総資産 12兆4,022億800万円
(2007年3月期)
従業員数 単体:3万2,117人
連結:16万9,644人

決算期 毎年3月31日
主要株主 ルノー:44.3%
主要子会社 日産車体株式会社
ジヤトコ株式会社

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-




コカ・コーラセントラルジャパン






コカ・コーラセントラルジャパン株式会社(英訳名Coca-Cola Central Japan Co,Ltd.)は神奈川県、静岡県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県で展開するコカ・コーラのボトラーである。

元は富士コカ・コーラボトリング(前者3県)と中京コカ・コーラボトリング(後者 東海3県)で運営されていたのを2001年6月に持株会社として経営統合し設立し、2005年1月に正式に合併・広域化したものである。筆頭株主は三菱商事。日本国内の「アンカーボトラー」としてはコカ・コーラウエストジャパンに次いで2番目となる。

茨城県、栃木県、千葉県は利根コカ・コーラボトリング、群馬県、埼玉県、新潟県は三国コカ・コーラボトリング、東京都は東京コカ・コーラボトリング、富山県、石川県、福井県、長野県は北陸コカ・コーラボトリングが担当する。

kokako-ra_R_20080305160627.jpg


種類 株式会社
市場情報 東証1部 2580 2001年6月28日上場
名証1部 2580 2001年6月28日上場

本社所在地 220-8141
神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号
電話番号 045-222-5850
設立 2001年6月29日
業種 食料品
事業内容 清涼飲料水
代表者 高橋 顕三 (代表取締役社長)
資本金 64億9,900万円(2007年1月1日現在)
売上高 単独1,886億55百万円
連結2,054億48百万円(2007年12月期)
総資産 単独1,094億92百万円
連結1,096億31百万円(2007年12月期)
従業員数 単独1,722名 連結2,898名
決算期 12月
主要株主 三菱商事株式会社 22.48%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社退職給付信託 9.34%
ザ コカ・コーラ エクスポート コーポレーション 5.00%
主要子会社 セントラルジャパンロジスティックス株式会社
セントラル ジャパン テクノサービス株式会社 他

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。