横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帷子川




帷子川(かたびらがわ)は、神奈川県横浜市を流れる二級河川。工業用水三級。現在の横浜市保土ケ谷区天王町一帯は、片方が山で、片方が田畑であったため、昔『かたひら』と呼ばれていた。その地を流れていたので『かたびらかわ』と呼んだのが名の由来だとされているが諸説ある。

300px-Kawabe-cho_park.jpg


神奈川県横浜市旭区若葉台近辺の湧水に源を発し、保土ケ谷区を南東に流れ、西区の横浜駅東口ポートサイド地区で横浜港に注ぐ。

もともとは蛇行の激しい暴れ川で、水害の多い川であったが、多くの地点で連綿と河川改良が進められた。近年、川の直線化や護岸工事など、大規模な改修が進められ、西谷から横浜駅付近に流す地下分水路や、親水公園、川辺公園などが造られた。

保土ケ谷区上星川付近には、かつて捺染業が多く存在した。この染色・捺染の染料を流すこと(生地を水に晒す工程)や、周辺の生活排水や工場廃水などが増え始め、一時期、汚染が進んだ。また上流域旭区にゴミ処理場があり、その影響も心配された。しかし近年の環境問題に社会の関心が向いたことにより下水道の普及など状況は改善されつつあり、魚の放流などもされるなど、自然が戻りつつある。

平安時代:河口(天王町近く、当時はここまで入り海だった)は帷子湊(かたひらみなと)として栄えた。現在の橘樹神社付近は「かたひらの宿」「かたひらの里」として栄えた。
江戸時代:河口に舟着場があり、薪炭などの物流の地として栄えた。
1732年(享保16年):川幅と河身の改修工事が行われる。こののち明治時代にかけて入り海(袖ヶ浦)の埋め立てが進み、埋め立て地に帷子川本流と新田間川・派新田間川・石崎川が残された。
明治時代:絹のスカーフの輸出増大を受けて、染色・捺染工場が集まる。八王子からの「絹の道」が通り、天王町が栄えた。
1923年(大正12年)9月関東大震災後:国の復興事業として改修工事が行われる。
1958年(昭和33年):台風22号(狩野川台風)による水害
1970年度(昭和45年度):都市基盤河川改修事業による改修工事が行われる。
1982年度(昭和56年度)~1996年度(平成8年度):地下トンネルと帷子川分水路が整備される。(神奈川県・横浜市の事業)

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

スポンサーサイト

横浜市内の川【1】いたち川


いたち川(いたちがわ)は、神奈川県横浜市栄区を流れる河川。鼬川と表記されることがある(後述)。一部の地図にはいたち川沿いに稲荷川と表記されているが、稲荷川(矢沢堀)は桂台住宅地付近の遊水池から流れる小川の名称である。

300px-Itachigawa_20080331214933.jpg


鎌倉市境に近い荒井沢を水源とする洗井沢川、港南区境に近い瀬上池周辺(瀬上市民の森)を水源とする瀬上沢、金沢区境に近い上郷町付近を水源とするいたち川が、栄区役所付近で合流する。西へ流れ、JR東海道・横須賀線と根岸線の線路が分岐する付近の栄区笠間町と栄区飯島町の境界で柏尾川に合流する。瀬上沢と洗井沢川は小川で、総称していたち川と呼ばれることもある。


名称の表記


いたち川のいたちは、「けものへん」に「由」(㹨、U+3E68)である。いたち川周辺の橋や看板、一部の地図などで確認することができる。多くの辞書に掲載されていない字ではあるが、この川の名前が鎌倉時代の書物にこの字で書かれていたことから、使い続けていると言われる。

なお鼬の字がパソコン上で簡単に打ち出せることから、ブログなどでは鼬川と表記されることもある。本来の字は康熙字典や大漢和辞典に載るが、JIS X 0208(JIS第一水準・第二水準)では定義されていないため、標準的な日本語フォントには含まれておらず、多くのコンピューターでは打ち出すことができない文字である。 なお、UnicodeではU+3E68に、JIS X 0213ではJIS第四水準で定義されている。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。