横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の冷え性


最近夏に体が冷えると言う人が増えています。
これはどうしてか?
元々夏場は体を冷やすものがいっぱい!!

昔から夏の野菜の効能には、体を冷やすと言うお話を聞いたことありますよね。
しかし現代では、異常気象による連日35度にもなる気温に、
エアコンを使う生活が当たり前になっています。
エアコンで冷えた体を、夏の冷たい食事でますます冷やしてしまう。
そのため、体は外からも中からも、一日中冷やされている状態になっています。
冷えた体は、血行が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になりばかりではなく、本来冬場に多かった、冷え性をも起こす原因になっているのです。


暑いんだから仕方ないじゃない


そう思う人も多いかと思うけれど、実は体の中を冷やしすぎると
汗をかかない体になってしまい、余計暑さを強く感じてしまうことに。

又発汗をしない体は、内蔵機能も低下して、
いわゆる夏バテ状態に
そこで、少し食事や飲み物を変えて、冷え性から体を守りましょう。
温かい飲み物を摂ったり、温野菜や暖かい食べ物を摂り、
体の中から暖かくすることによって、発汗作用を促し、
健康な体を作る。

又夏場の入浴もシャワーのみにせず、なるべく湯船に入るようにしましょう。

お盆休みも終盤です。冷たいものをとりすぎた体を少しいたわってみませんか?


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ

           -画像は友人より提供-
20060806_173100422_R.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。