横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜子育て情報

子ども・家庭支援相談


乳幼児期の子育て,学童期のいじめ,不登校や思春期の
子どものことなど,相談できる窓口です。

【こんな時には】

育児書も見ましたが思い通りにいきません
仕事と育児の両立が難しく悩んでいます
しつけがうまくいかず子供を強くしかってしまいます
小学校への入学を前に集団生活になじめず心配です
中学に上がってから学校に行きたがらず困っています

【ご相談には】

乳幼児から学童期・思春期まで幅広くお応えします
保健・教育・福祉の相談員がいっしょに考えます
いろいろな専門機関など,必要な情報を提供します
相談は無料です。秘密は厳守します。

-各地域の区役所に問い合わせてください。-


教育総合相談センターでの相談


【いじめ110番】
「いじめ」等に関する悩みや相談を受け付けています

【教育相談】
教育に関する相談を受け付けています。
(不登校,友人関係,学習,進路,海外転出入など)


【ハートフルスペース(適応指導教室】

育み、再登校、社会的自立に向けた支援を行います。

入室対象:横浜市在住の小・中学生
入室方法:学校から入室希望の連絡を受け,専任教諭が保護者,本人
     と面接し,活動内容を確認後,児童生徒の状況によって,
     集団,小グループ,個別の活動に参加します。
活動内容:創作活動や軽スポーツ
     青少年センターなどにおける各種体験活動(年8回)
     ※集団の活動に参加している児童生徒の保護者同士の情報
      交換会を実施しています。
活動場所:スペース関内 教育文化センター10階
     スペース都筑 市営地下鉄 センター北駅そば
活動時間:活動形態によって,活動時間と内容が異なります。


【ハートフルルーム(相談指導学級】
不登校状態にある児童生徒に対して,
基本的生活習慣の確立、基礎学力の補充、
学校生活への適応等を図り、
再登校に向けた教育・支援を行います。

対 象 :横浜市在住の小・中学生
入室方法:学校から入出希望の連絡を受け。
     専任教諭が保護者、本人と面接し、入室を決定します。
指導内容:(1)個別相談・指導 (2)集団指導 (3)教科指導
     (4)体験学習(宿泊学習会,スポーツ交流会等)


-各地域の区役所に問い合わせてください-


-横浜子育て情報より-


1人で悩まず、まずは声をかけてみてくださいね。

お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ

20061017092837.jpg

スポンサーサイト
山下 柚実さん(5感生活研究所代表)の

【子供の能と体を健やかに】を読んで。


人間は本来計り知れない身体能力があるそうです。
「1万種類の匂いをかぎ分ける嗅覚」
「2000~3000色見分ける視覚」
「100分の1mmの違いを感じ取る触覚」

時代の変化によって今ぷーターや情報が氾濫し
自分の身体で感じ取ることが少なくなって
その結果感じる心が薄れてしまっているというのです。

無気力・キレル・疲れやすい子供が増えている。
罪の意識がなく他人を傷つけたり犯罪を犯してしまう現代社会。

それを生み出したのがほかならぬ、この社会そのものだというお話です。

ほうっておくと元々人間に備わっている5感は退化してしまうというのです。

人間のこの5感は使うことによって鍛えられ研ぎ澄まされていくというのです。
人間がもつ感じる心を育てるのは、人との関わりを直接的なものにしていく事が
これからの社会には大きな課題になるというのです。

またA・J・エアーズも
「感覚を充分に組織化していない脳は、
 友人を作ったり、社会生活を維持することに困難を生じがち」こう話しています。

【現代社会の5感の衰え】

自分が産み落としたわが子を触る事ができない。
触ってしまってもしあやまって傷つけてしまったら・・・
そう感じ育児を放棄する母親

物の味がわからない味覚障害
生活の匂いを拒絶してしまう無臭化傾向
強烈な痛みを自分の体に与えることで自分の存在を確かめるリストカット症候群

これらは人間の本来持っている5感の働きが極端に衰えてしまった結果だというのです。

【では5感の働きをよくしていくにはどうしたらいいか】

5感を使ったコミュニケーションをとることだそうです。

これは難しいことではなく周りの人や環境を意識して5感を使っていく。

「今日の空はどんな色をしてるかなぁ?」と頭を上げて見上げる。
冬の空の、はるか遠くに富士山の輪郭を見つけては、目をほころばせる。
季節ごとに独特な雲の形や色彩を、じっくりと味わってみる。
満開の花の下に漂う甘い香りを、鼻を開いて存分に楽しむ。
夏の砂浜の感触を喜び、秋の月の輝きを楽しむ・・・など

昔の人はこうして身近にある日常生活のすぐそばにある喜びや楽しさを伝えながら
自然に5感を磨いてきたんですって。

さくらも今日から5感を使ったコミュニケーションを心がけて
5感を磨いていきたいでーす。

人気blogランキングへ

人気美容・健康BLOG

お気に入りに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。