横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆のいわれと由来


お盆の正式名称は[盂蘭盆会・うらぼんえ]と言います。
先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間を「お盆」と呼びます


・7月または8月の13日より16日までの4日間をさします。

新盆(にいぼん)の迎え方


四十九日の忌明けより前に、お盆を迎えた時は、その年でなく、
翌年のお盆が、新盆となります。 

迎え火―送り火


迎え火
12日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のおかざりとお供えをすませ、
13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆堤灯に
火をともします。
そして家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)に
オガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折ってつみ重ね、
火をつけて燃し、その場で合掌します。これを迎え火といい、
オガラを燃したその煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるのを
迎えます。
(おがらは最近ではスーパーなどでも手に入るようになっています。
最近では「焙烙(ほうろく)」と呼ばれる素焼きの皿がありますので
安全に迎え火をたくことができます。)

盆の入り(13日)の夕方、家の前で火を焚き祖先の霊を迎える。
これが迎え火。


送り火
家に迎えた精霊を今度は送り火をたいてお墓に帰っていただきます。
迎え火をたいた同じ場所で16日(又は15日)オガラをつみ重ねて
送り火をたきます。

盆明け(16日)の夕方に火を焚いて祖先の霊を帰す。
これが送り火。盆送り、送り盆などとも呼ばれます。

盆踊りのル-ツ

盆踊りは本来は仏教行事です。
平安時代、空也上人によって始められた念仏踊りが、
盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、
死者を供養するためのものという意識になっていきました。
室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったと
いわれています。

時代とともに、宗教的意識は薄くなり、
民衆の娯楽として発展してきました。
地方によっては男女の出会いの場、求婚の場として、
重要な行事となっていました。
現代では、すっかり“踊りを楽しむお祭”として
各地で催されるようになっています。

         
         -お盆の供養より参照-



もうすぐお盆、そこで少しお盆について調べてみました。
送り火といえば、有名なのが京都大文字焼き等がありますが、
送り火にこんな意味がこめられていたんですね。

又夏には定番行事の1つ、盆踊りこれも元々は仏教行事だったんですね。
今では地域の活性化を図ろうと、各自治体が力を入れていますが、
盆踊りの花形、踊りを踊れる方々の高齢化の問題もや、
少子化で参加人数が少なく廃止になっている地域もあるようです。

日本ならではの、夏の行事を少しでも長く楽しめるように、
大事にしたいですね。


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ

cut002.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。