横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜を知ろう【1】


横浜市の花は『バラ』


rose351-4.jpg


横浜市の花「バラ」は、花と緑あふれる横浜のシンボルとして
平成元年9月23日に制定されました。
 日本に入ってきたのは、幕末から明治のはじめにかけてのこと。
他のモノのはじめ同様、横浜から上陸した、といわれています。


横浜市の木

『椿・シイ・サザンカ・サンゴジュ・イチョウ・ケヤキ』


img-tubaki01.jpg


donguri-img.jpg


sangojyu04.jpg


fl08_il01.jpg


keyaki11.jpg


-横浜のあゆみ-

横浜の市内は、緑も多く四季折々の草花が、異国情緒あふれる横浜の街をいっそう綺麗に見せてくれます。

特に上記の市の木6種は、横浜市内の観光地には多く。山下公園通りの銀杏並木は秋から冬にかけてイルミネーションに彩られより鮮やかに、夜の横浜に花を添えています。



スポンサーサイト

LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜サザンオールスターズ


members.jpg


LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:島健 管編曲:山本拓夫)
松嶋菜々子、椎名桔平主演で不倫を描いたTBS系ドラマ『Sweet Season』主題歌となった。ドラマの視聴率はあまり振るわなかったが、本作は低迷していたサザンのシングルセールスから久々のヒット曲を生むこととなった。タイトル、歌詞の内容は不倫がテーマになっており、歌詞の舞台がドラマの舞台ともなっていた。
歌詞に登場する数々のデートスポットは、桑田佳祐がガイドブックを参考に書いたという横浜・大黒ふ頭が中心になっている。ちなみにサビの歌詞『大黒ふ頭で虹を見て』は、レインボーブリッジと横浜ベイブリッジを桑田が勘違いして書いたもので、大黒ふ頭からは横浜ベイブリッジを一望することも出来る。

【大黒ふ頭】
06_079_1.jpg


【レインボーブリッジ】
3-3.jpg

イントロとアウトロ部分には歓声が入れられており、擬似ライブを演出しているが、歓声はサザンのライブで収録されたものではなく他のミュージシャンのライブ音源からサンプリングされたもの。PVもライブを模したものになっており、同時にドラマとリンクさせる形で、カップルが横浜・みなとみらいやホテルなどで戯れるシーンも収録されている。このPV中のライブは前年の年越しライブ『おっぱいなんてプー』で収録された。PVのみ、最後に同ライブでの本物の歓声が収録されている。
なお、タイアップがTBSのドラマであった関係からか、TBS系列では大きなイベント番組の際によくテーマソングとして起用されることがある。この点は「希望の轍」と事情が似ている。
2007年6月30日には東野圭吾が角川書店より長篇小説『夜明けの街で』を刊行した。この小説のタイトルはこの楽曲の冒頭のフレーズからとって付けられたものである(「ダ・ヴィンチ」2007年7月号)。また内容的にも不倫を扱っていたり、横浜を舞台としたりするなど、関連性が見られるほか、小説中に登場人物がこの楽曲をカラオケで唄うシーンが登場し、楽曲の状況に不倫をしている主人公が心境を重ね合わせている。この小説については桑田も2007年7月7日の『桑田佳祐のキヤノンFMワンダーランド やさしい夜遊び〜』内で触れ、楽曲との関連性について言及した。また、面白かったと読後の感想も述べている。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

横浜ロイヤルパークホテル クリスマスイルミネーション


00002a.jpg


IMG_4187.jpg


およそ7000個の電球をデコレートしたクリスマスツリーを、1階ロビーフロアに設置。ホテルのスタッフが作ったフィンランドのサンタ村の街並みを再現したミニチュアを飾るなど、シーズンならではの景観が楽しめる。イルミネーション点灯時間は8~25時。ホテルは横浜ランドマークの超高層部に位置しているので、客室やレストランからは房総半島までのパノラマを楽しめる。

みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分



Classic Christmas in Landmark Plaza


P10322aL.jpg


今年のランドマークプラザのクリスマスは、"クラシック"がメインテーマ。開催期間中は、クリスマス装飾もクラシカルな重厚感を演出すべく、"ゴールド"をキーカラーにし、横浜のクリスマスを代表する風物詩となっている降雪イベント「メリースノークリスマス」や、スワロフスキーの「クリスタルツリー」など、ランドマークプラザに相応しい落ち着いた大人のクリスマスを演出する。

みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分 



横浜ベイサイドマリーナ 

ショップス&レストランツ 「マリンファンタジークリスマス


P10310aL.jpg


P10310bL.jpg
P10310cL.jpg


海に面したロケーションにあるベイサイドマリーナでは「マリンファンタジークリスマス」をテーマに、まさしく海をイメージした、「ブルー」を基調としたツリーやイルミネーションが最大の特長。また今年は、主役のブルーライトに「新色」も登場、一層美しいライトアップが楽しめる。開放感にあふれるオープンモールはもとより、街路樹、クライミングウォール、そしてもちろんツリーにもたくさんの明かりが灯り、まるで一つの街のようなイルミネーションはとてもファンタジックだ。

シーサイドライン鳥浜駅から徒歩5分


-クリスマスイルミネーション-








11月1日 イセザキ☆ライト


isezaki.jpg


アーチ状のイルミネーションが、イセザキモールの端から端まで並びます。ライトが点いたり消えたりして、動きのあるイルミネーションが楽しめます。点灯式では、司会者のカウントダウンに合わせて、一斉にイルミネーションが点灯します。

・点灯式日時:11月1日(木)16:55~カウントダウン、17:00~イルミネーション点灯
・場所:イセザキモール 松坂屋前


11月3日 2007・トゥインクル クリスマス


109767_PC_M.jpg


元町ショッピングストリート全体がイルミネーションで輝きます。ストリート両端にあるウェルカムゲート「フェニックスアーチ」も美しく飾り付けられます。点灯式では、洗足学園卒業生の金管楽器の演奏を楽しんだ後、ストリート全体のイルミネーションが点灯します。

・点灯式日時:11月3日(土)16:30~点灯式、音楽演奏 17:00~イルミネーション点灯
・場所:元町ショッピングストリート1丁目付近




横浜-寿町-


kotobuki2.jpg


mati-chusin.jpg


寿町(ことぶきちょう)とは、神奈川県横浜市中区に所在する町名である。1丁目~4丁目の字がある。面積は0.070km²、人口は3449人、うち外国人は503人である。(平成12年度)
これ以外にも住民登録をしていない人が多数居住しており、実際には約6300人の人々が生活していると言われている。また、寿町を中心とし、周囲の扇町や松影町を含む約600平方メートルほどの地域を指して寿地区と呼ぶこともある。JR根岸線関内駅・石川町駅、横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅が徒歩圏内にあり、交通の便は非常に良い。

寿地区は、首都高、根岸線を挟んで関内の反対側に位置し、日雇労働者が宿泊するための「ドヤ」という簡易宿泊所が100軒以上立ち並び、「ドヤ街」と呼ばれる地区である。(ドヤ街は、日雇労働者の就労場所と合わせて寄せ場とも呼ばれる)寿地区は、東京都の山谷、大阪市のあいりん地区(釜ヶ崎)と並ぶ三大寄せ場の一つとされる。

寿地区周辺は、第二次世界大戦後1955年までアメリカ軍によって接収されていた。接収終了後、横浜港の港湾労働に携わる日雇労働者が野毛周辺や水上ホテルといった宿泊施設から、寿地区に新たに建設され始めた簡易宿泊所に大挙移動し、まもなくドヤ街が形成された。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


住民登録をしていない人


ここは子供の頃から、立ち入ってはいけないような空間が広がった街。
私たちは昔からここをドヤ街と呼んでいるが、過去を知られたくない者・過去を消してしまいたい者・・・さまざまな事情を抱える者がこの街に集まっている。地方の人にはなかなか理解し得ない空間かもしれない。横浜と言うところはさまざまな者達が上手く共存しえる街である。


保険証も家もない


この一角には写真でお分かりのようにテント生活をしているものもいる。横浜のおしゃれなイメージとは似つかわしくない空間が広がる寿町は、東南アジアのスラム街を思わせる。
医療施設として診療所もある、診療所は寿町の住人にとって相談所でもある。しかしこの街の住人のほとんどは保険証などもってはいない。


「女赤ひげ先生」


この街に昭和54年開設した寿町勤労者福祉協会診療所がある。この診療所には女赤ひげ先生と呼ばれる佐伯 輝子氏がいる。この女赤ひげ先生のところには、連日ドヤ街の住人が訪れてはさまざまな相談をしていく。



生きなおす、ことば―書くことのちから 横浜寿町から生きなおす、ことば―書くことのちから 横浜寿町から
(2003/10)
大沢 敏郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。