横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下公園


昭和5年3月に開園した山下公園は、横浜の公園の中で一番知られているといってもよいでしょう。

関東大震災の復興事業として市内の瓦礫などを大正14年から4年がかりで埋立て、上部を良質な土で覆土して造成が行われ、公園の基本的な形ができあがりました。

当時は、現在の沈床花壇の部分が船溜まりになっており、現在も氷川丸の横にある小さな橋がそのなごりをとどめています。

開園5年後の昭和10年3月には復興博覧会が行われ、その船溜まりでは鯨が泳ぎ、今でいうパビリオンが建ち並び、たいへんな賑わいを見せたそうです。

戦後は米軍に接収されましたが、昭和29年から段階的に解除され、昭和36年には再整備が完了し、ほぼ現在の姿となっています。

その後、昭和63年に行われた横浜博覧会に合わせ、公園の東側に地下駐車場と上部の公園を整備しました。

人形の家の設計を行った坂倉設計の協力により、6つの大陸へのびる道をデザイン化した世界の広場と、バルセロナのグエル公園を想わせるカスケードのある楽しい大階段などが整備され、新しい魅力をつくっています。

山下公園には、数多くの記念碑などがありますが、代表的なものはサンディエゴ市から贈られた水の守護神、童謡で馴染みの深い赤い靴履いてた女の子像、かもめの水兵さんの歌碑などです。

公園の西端には在日インド人協会から昭和12年に寄贈されたインド水塔があります。

横浜市の4代目建築課長鷲巣昌氏により設計され、細部まで緻密なデザインのこのモニュメントは、横浜の近代建築として価値の高いものです。

-横浜市-


14000963_1520_1_R.jpg



yamashita-23_R.jpg



2515773775_R.jpg

スポンサーサイト


海の女王が入港しました


3月6日の早朝、大さん橋ふ頭(客船ターミナル)にイギリス船籍の「クイーンエリザベス2」が入港しました。
7万327トンの大型豪華客船。
シャープなデザインの船体は、まさに貴婦人という印象です。


山下公園


横浜で最も有名な公園。関東大震災のがれきを埋め立てて作られた。歌碑や記念碑も多い。
所在地:中区山下町279
駐車場:有料 500台
開園:昭和5年3月〈風致公園〉
面積:74,121m2


□交通

電車利用 みなとみらい線 元町・中華街駅出口「4」徒歩3分
JR関内駅南口 徒歩20分
JR石川町駅中華街口 徒歩15分
バス利用 JR桜木町駅前本牧車庫行他 市営バス「8、11、58、99、109、127系統」所要時間7分程度
「中華街入口」下車 徒歩1分


昭和5年3月に開園した山下公園は、横浜の公園の中で一番知られているといってもよいでしょう。

関東大震災の復興事業として市内の瓦礫などを大正14年から4年がかりで埋立て、上部を良質な土で覆土して造成が行われ、公園の基本的な形ができあがりました。

当時は、現在の沈床花壇の部分が船溜まりになっており、現在も氷川丸の横にある小さな橋がそのなごりをとどめています。

開園5年後の昭和10年3月には復興博覧会が行われ、その船溜まりでは鯨が泳ぎ、今でいうパビリオンが建ち並び、たいへんな賑わいを見せたそうです。

戦後は米軍に接収されましたが、昭和29年から段階的に解除され、昭和36年には再整備が完了し、ほぼ現在の姿となっています。

その後、昭和63年に行われた横浜博覧会に合わせ、公園の東側に地下駐車場と上部の公園を整備しました。

人形の家の設計を行った坂倉設計の協力により、6つの大陸へのびる道をデザイン化した世界の広場と、バルセロナのグエル公園を想わせるカスケードのある楽しい大階段などが整備され、新しい魅力をつくっています。

山下公園には、数多くの記念碑などがありますが、代表的なものはサンディエゴ市から贈られた水の守護神、童謡で馴染みの深い赤い靴履いてた女の子像、かもめの水兵さんの歌碑などです。

公園の西端には在日インド人協会から昭和12年に寄贈されたインド水塔があります。

横浜市の4代目建築課長鷲巣昌氏により設計され、細部まで緻密なデザインのこのモニュメントは、横浜の近代建築として価値の高いものです。

-横浜の公園-



20061029112018.jpg



20061016003313.jpg



山下公園 氷川丸

45年間ありがとうキャンペーン



氷川丸が12月25日45年の歴史を一旦閉じ、しばしのお別れになります。
そこで氷川丸では45年の感謝をこめてありがとうキャンペーンを実施

▼名称▼ 入場料50%OFF(小中学生100円,幼児無料)
▼期間▼ 2006年11月25日~12月25日
▼時間▼ 営業時間内
▼施設▼ 氷川丸とマリンタワー
▼料金▼ 入場料が通常の半額になります。本文参照

///氷川丸乗船料///
通常大人800円を400円に
通常小中学生料金400円を100円に(75%OFF!!)
通常幼児料金300円は無料入場といたします

///マリンタワー展望料///
通常大人700円を350円に
通常小中学生料金350円を100円に(71%OFF!!)
通常幼児料金250円は無料入場といたします

▼名称▼ 入場者に先着で記念グッズプレゼント
▼期間▼ 2006年12月11日~12月25日
▼時間▼ 営業時間内で当日先着順
▼施設▼ 氷川丸とマリンタワー
▼対象▼ 有料入場券お買い上げのお客様先着毎日100名様

///氷川丸乗船者先着100名に(12/11-12/25)///
オリジナルクリアホルダープレゼント

///マリンタワー展望者先着100名様に(12/11-12/25)///
オリジナルクリアホルダー、または
タワースケール1本のいずれかをプレゼント

▼名称▼ パネル展「氷川丸回顧録展」
▼期間▼ 2006年11月25日~12月25日
▼時間▼ 営業時間内
▼施設▼ 氷川丸/主に一等ダイニングサロン
▼料金▼ 入場料のみ必要、展示会場へは無料入場できます

氷川丸の現役当時の活躍から、山下公園に係留されて現在に至るまでの歴史を、パネルでご紹介します。
開催場所も「一等ダイニングルーム」という就航当時では一等船客のみ入室を許された、アール・デコ装飾が美しい、貴重なお部屋です。

▼名称▼ マリンタワー「回顧録」写真パネル展
▼期間▼ 開催中~12月25日
▼時間▼ 営業時間内
▼施設▼ マリンタワー2階(無料エリア)
▼料金▼ マリンタワーは4階まで入場無料です。展望料は11/25より特別割引


061021_2052~01.jpg


20061016003313.jpg









ポチット押してくれたら嬉ですぅ☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

↓↓↓↓↓


ブログランキング





横浜の風景を一望できる最高のビュースポット、マリンタワー。
360度見渡せる展望台からは半分が港の風景、半分が市街地の風景と絶妙のバランスでパノラマが広がっています。

東にはベイブリッジ、鶴見つばさ橋が、南には外人墓地、港の見える丘公園、遠くには房総、三浦半島。
北には緑豊かな山下公園と氷川丸、MM21にそびえるランドマークタワーやコスモクロックが、
西には中華街や横浜スタジアム、天気がよければ霊峰富士の季節や時間により移り変わる優美な姿をみることができます。

夜になればマリンタワー自体のライトアップもさることながら、
展望台からの眺めも昼間にはないロマンティックな夜景を観ることができます。

タワーの最上部の灯台室には、水を利用して強風や地震の時の揺れを吸収する
「スーパースロッシングダンパー」が設置されていて、
より快適に展望を楽しむことができるようになっています。

マリンタワーの展望台に、ゆっくりとくつろげるドリンクコーナーがあり。
展望台でゆっくり座って、コーヒーやビールが飲むこともできます。

横浜の夜景は賑やかになりました。MM21地区のランドマークタワーや観覧車、
周辺のオシャレなホテルのライトアップ、ベイブリッジと鶴見つばさ橋、
それに中華街のネオンもお国情緒たっぷりで見応えがあります。

夏なら横浜スタジアムのナイター照明でゲームの活気も伝わって来るようです。
冬の氷川丸のイルミネーションも横浜港には欠かせないシンボルの一つとなりました。

マリンタワー1階の【ヨコハマ・グッズショップ】

雑貨品から横浜ならではのギフトまでの商品がずらっと並んだおしゃれなお店がいっぱいです



☆☆☆☆★☆X'MASまで☆★☆34日☆☆☆☆★☆☆☆☆


061021_2056~01.jpg









ポチット押してくれたら嬉ですぅ☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

↓↓↓↓↓


ブログランキング





横浜


昭和の横浜


山下公園は、1930(昭和5)年3月のオープン。
山下公園は、関東大震災1923(大正12)年
9月でかなりの打撃を受けました。
廃墟と貸した山下公園を復興させるために
関東大震災のがれきを埋め立てて作られました。
山下公園には、数多くの記念碑などがありますが、
代表的なものはサンディエゴ市から贈られた水の守護神、
童謡で馴染みの深い赤い靴履いてた女の子像、
かもめの水兵さんの歌碑などです。
インド水塔は関東大震災で被災した
在留インド人が、援助に感謝して、
当時の横浜インド商組合から寄贈されたものです


20061029111933.jpg


20061029112018.jpg




氷川丸・マリンタワーがしばしの別れ


港・横浜のシンボルとして親しまれた氷川丸とマリンタワーが
今年12月25日で開業以来45年の営業をいったん終了します。

山下公園は『横浜のデートスポットNO1』
ここでデートを楽しんだ人も多いいのでは?

今年のクリスマス・イルミは、山下公園での思い出を
もう一度というデートを計画してみてはいかがでしょうか?

氷川丸クリスマス・イルミネーションが
▼期間▼ 2006年11月18日~2006年12月25日(点灯式は11/18 17:00~)
▼時間▼ 点灯は日没から23:00まで(見学入場時間はこちら)
▼場所▼ 氷川丸オープンデッキ・メインマスト
氷川丸のメインマストは高さ35m、海上からの高さは42mです。このマストを利用したもみの木型のクリスマスツリーは、直径約6センチの大玉電球約900球を使用、ヨコハマ港の巨大なXmasシンボルとして、
例年クリスマスシーズンには、山下公園を訪れる皆様に
親しまれています(日没より23:00まで点灯)。
通年点灯している、全長163mの氷川丸のデティールを
浮かび上がらせるための連続的に縁取りされたイルミネーションも
含め、合計約2,700球のイルミネーションは、
今年もヨコハマ港のクリスマスをビッグに演出します。

今年のイルミは絶対にお見逃しなく!!


20061016003313.jpg


061021_2052~01.jpg


061021_2056~01.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。