横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜-本牧-


本牧(ほんもく)は、神奈川県横浜市中区南東部の地域名である。北は山手、西は根岸に接し、東・南は東京湾に面する。
当地域は、台地が東京湾に突き出した部分に当たり、現在は海岸がすべて埋め立てられて工場、埠頭などになっているが、かつて突端部(本牧十二天・本牧元町付近)は海岸から断崖が切り立っており、「本牧岬」あるいは「本牧の鼻」と呼ばれ、その周辺は漁村であった。

本牧という地名は1442年に「横浜」とともに初めて記録に見え、「本目」と書かれたこともあるが、語源は不詳。戦国時代には、芝浦・羽田と並んで北条水軍の拠点が置かれていた。

幕末、日本来航時に横浜周辺を測量したペリーは、本牧十二天のオレンジ色の崖をその色から「マンダリン・ブラフ」

001.jpg

現在の本牧市民公園周辺の崖を「トリーティー・ポイント(条約岬)」と名づけた。

hasei.jpg

本牧の断崖は横浜港に向かう各国の船の目標であった。現在でも南部の本牧市民公園付近に断崖が残り海岸の名残を留める。

古くから景勝地として知られ、外国人たちは本牧から根岸にかけての海岸(根岸湾)を「ミシシッピ・ベイ」と呼びその風光を愛した。

明治の実業家原富太郎(三渓)がこの海岸に構えた別荘は現在、三渓園の名で横浜の代表的観光地として知られる。現在は隣接して本牧市民公園(本牧ジャズ祭が行われる)、本牧臨海公園がある。

ph3.jpg


太平洋戦争敗戦直後に本牧十二天を含む中央部が米軍に接収され立ち退きにあい、フェンスに囲まれた。フェンス内は米軍住宅などの施設となり、アメリカ村などともいわれ、日本におけるジャズなどのアメリカ文化の発信地でもあった。当地域は1982年に返還され高級住宅地、公団住宅、ショッピングセンター(マイカル本牧)、公園などになった。

02ishikawahonmoku006_R.jpg


- フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


スポンサーサイト

本牧埠頭


800px-Yokohama_port_symbol_tower_03_R_20071203151545.jpg


本牧埠頭(ほんもくふとう)は、日本の埠頭。神奈川県横浜市中区本牧に位置する。

日本有数の国際貿易港、横浜港にある埠頭の1つであり、コンテナターミナルとしては横浜港内で最大級の規模と施設を有する。

1960年代からA、B、C、D突堤が順次建設された櫛形(くしがた)の埠頭であったが、B、C突堤間の水域は1990年代から2004年にかけ順次埋め立てられ、一体化された。BC突堤先端部には水深15メートルの大水深コンテナ岸壁を整備、旧C突堤の従来岸壁とあわせ、単一のコンテナターミナルとしては国内最大級の施設に再編・整備された。南側の根岸湾沿いに南本牧埠頭がある。

A、D突堤は横浜市港湾局、横浜港埠頭公社が主に運営。一体となったBC突堤は国土交通省からスーパー中枢港湾対象ターミナルとしての指定を受け、民間共同出資のメガターミナルオペレーターである横浜港メガターミナル株式会社(略称YPM)が主に運営している。

またコンクリートを生産するための建材埠頭もある。

D突堤には、横浜港シンボルタワー、本牧海づり公園、本牧漁港、港湾職業能力開発短期大学校横浜校があり、市民に愛される波止場をめざしている。

本牧埠頭と大黒埠頭を結ぶ横浜ベイブリッジは、横浜のシンボルとなっている。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。