横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽系12惑星 新定義「自己重力で球形」提案 

候補さらに12個


太陽系の惑星が、これまでの9個から12個に増える
可能性がでてきました。チェコのプラハで開催中の国際天文学連合
(IAU)総会で16日、新たな惑星の定義の原案が示されました。
原案のまま承認されれば、冥王星の発見(1930年)以来、
76年ぶりに太陽系の全体像が大きく書き換えられることになります。IAUは、24日に新定義を承認するかどうかを投票で決める予定。
国立天文台によると新しい惑星の定義の柱は、
「恒星を周回する天体で、自己の重力でほぼ球形になるもの」
としており、直径800キロ以上が目安になります。
この定義だと、火星と木星の間に位置する最大の小惑星「セレス」、
冥王星の衛星とみなされてきた「カロン」、昨年夏に米航空宇宙局
(NASA)が「第10惑星」と発表した「2003UB313」が、新たに惑星の仲間入りをします。
しかし、近年は観測技術の進歩で太陽系の外縁部で次々に
新たな天体が発見されており、3個の新惑星候補のほかにも、
12個の天体が惑星に昇格する可能性があるそうです。
惑星の定義をめぐる議論は、昨年7月に米国の研究チームとNASAが冥王星より大きいことを理由に「2003UB313」を
第10惑星と発表したことが直接のきっかけ。それ以前にも、
直径が月の7割しかなく、公転軌道も他の惑星に比べて特異な冥王星を惑星とすることの妥当性が議論されてきました。
こうした経緯を踏まえて、原案では、

1・
水星から海王星までの8個の惑星を「古典的惑星」とする
2・
冥王星とカロン、「2003UB313」の3個は「プルートン(冥王星族)」と呼ぶ
3・
セレスについては「矮(わい)惑星」と呼ぶ-ことを提案しています。
また、小惑星や彗星(すいせい)などと呼ばれている惑星より
小さい天体についても「太陽系小天体」と総称することを提案しました
これまで、科学的に明確な惑星の定義がなかったことが議論の根底に
あります。
原案では明確さはありますが、惑星の中に「古典的」な8個と
それ以外の区別ができることになる。また、今後は新たな惑星候補が次々と見つかり、惑星の総数が収拾がつかないほど増える可能性も
否定できない。
24日の議決で、原案への反対意見や慎重論が多い場合には、
3年後の次回総会に決着が持ち越される可能性もあるということです。

             -産経新聞参照-



これにより、今まで彗星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星
海王星・冥王星と覚えていた、惑星の並び方も変ることになるという事です。
宇宙の神秘、まだまだ小惑星が発見されていくことでしょうね。


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ

art-gensou007300w.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。