横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三浦淳宏選手 移籍加入


◆ 三浦淳宏(みうら あつひろ)選手 プロフィール
生年月日:1974年7月24日(33歳)
出 身 地:大分県
身長/体重:175cm/73kg
ポジション:MF
背番号:39
略歴:横浜フリューゲルス―横浜F・マリノス―東京ヴェルディ―ヴィッセル神戸
□代表歴:日本代表 25試合出場1得点(代表デビュー/1999年6月6日 親善試合@横浜国際 vsペルー△0-0 )
    2000年 シドニー五輪(オーバーエイジとして)出場 ベスト8


img42314304.jpg



三浦淳宏選手コメント
「プロの原点である横浜に戻ってきて、今までの経験を生かしながら、
サッカー選手としての成長を追及していきたいと思います。
そして、横浜FCの勝利に貢献し、サポーターの期待に応えられるよう、精一杯頑張ります。」


-横浜FCオフシャル-
スポンサーサイト


横浜高校卒業のプロ野球選手


松坂大輔


【西武ライオンズ - ボストンレッドソックス】
松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、ボストン・レッドソックスに所属するプロ野球選手(投手)である。背番号は18。



bbl070520000-1.jpg




愛甲猛


【元千葉ロッテマリーンズ - 中日ドラゴンズ】
愛甲 猛(あいこう たけし、1962年8月15日 - )は、神奈川県逗子市出身の元プロ野球選手(一塁手・外野手)で実業家。左投げ左打ち。現役時代はロッテで勝負強い打撃を売りに活躍し、中日では代打の切り札として活躍した。


石川雄洋


【横浜ベイスターズ】
石川 雄洋(いしかわ たけひろ、1986年7月10日 - )は静岡県駿東郡清水町出身のプロ野球選手。横浜ベイスターズに所属する内野手。背番号は52。横浜高の同級生に涌井秀章(西武)がいる。

その高い身体能力と野球センスでポスト石井として期待されている、将来性の高い選手である。2007年度のオープン戦では、仁志、石井らと同等、あるいはそれ以上の出場機会と成績を残している。


profpic_52.jpg



涌井秀章


【横浜ベイスターズ】
涌井 秀章(わくい ひであき、1986年6月21日 - )は、プロ野球・パシフィック・リーグの西武ライオンズに所属するプロ野球選手である。ポジションは投手。背番号は16番。


16.jpg



松坂、高校以来のWヘッダーを体験


レッドソックス松坂大輔投手(26)は17日(日本時間18日)ボストンのフェンウェイパークでタイガースとのダブルヘッダー第1、2試合の合間に、ランニングや遠投など約1時間練習した。

 ダブルヘッダーに「横浜高以来です」と話し「寝てないわけじゃないけど…」と眠そうだった。次回登板は19日(同20日)の交流戦、ブレーブス戦だ。

-nikkansport-



松坂勝った、7回1失点10K


<ロイヤルズ1-4レッドソックス>◇5日(日本時間6日)◇カウフマンスタジアム
 レッドソックス松坂大輔投手(26)が7回1失点10奪三振の見事な内容でデビュー戦を白星で飾った。

 公約通りストレートで松坂のメジャーが始まった。1番デヘススに対して初球を真ん中付近に150キロの直球を投げ込みファウル。3球目を中前に運ばれ、さらに四球で1死一、二塁のピンチを招いたが4番ブラウンを投ゴロ併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

 2回から4回までは3イニング連続3者凡退。特に4回は2、3、4番の中軸を3連続三振に打ち取る圧巻の内容で、4番DHブラウンの2球目では154キロを計測した。

 2点リードの6回にデヘススに1発を浴びメジャー初被弾で1点差と迫られたものの、6回2死から再び3連続Kを記録、7回を投げ終えて1点リードしてマウンドを降りた。その直後の8回にレッドソックスは2点を追加して試合を決めた。

 松坂は108球を投げて1失点、被安打6、四球1、奪三振10の内容だった。


-日刊スポーツ-


テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。