横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜を歌った芸能人【5】


Miss YOKOHAMADULT-原由子


20070219213924.jpg


Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd(ミス・ヨコハマダルト ユウコ ハラ・セカンド)は、サザンオールスターズのキーボードである原由子の2ndソロアルバム。1983年11月21日発売。発売元はビクターTAISHITAレーベル。

サザンオールスターズとしても着実に知名度と人気を得ていた原由子の約2年7ヶ月ぶりとなる2ndソロアルバム。先行作品となったソロ4thシングル「恋は、ご多忙申し上げます」がCMタイアップもあったことにより、ソロとしては初のヒットとなり、その流れそのままに発表された作品である。

前作は1stソロシングル「I Love Youはひとりごと」が、歌詞の内容が淫猥という理由で放送禁止となったことで、ビクター本社ビル屋上でゲリラライブを行ったなど話題もあり、当時の原個人としての知名度や平均セールスなどを大きく上回る20万枚近いヒットとなった。今作はヒットシングルも収録したものの、前作ほどの話題性にかけたためか、オリコンウィークリーチャートでの最高位こそ上回ったがセールスは前作の半分を切っている。売上には反映されなかったが、楽曲はジャズ色の強かった前作よりも更に洗練され、バラエティに富んだ内容となっている。タイトルは横浜とアダルトを足した造語で、タイトル通り横浜を舞台に、大人の雰囲気を醸し出した曲が並ぶ。桑田との結婚直後で照れがある事もあり、本作では所謂ラブソング的なものは少なく、サウンド面を重視している。

なお、1982年リリースのシングル曲『誕生日の夜』は、製作時期が異なった為、本アルバムには収録されず、シングル盤のみで聴く事が出来る。カップリングの『I`LL BE GOOD TO YOU』はベスト盤『Loving You』に収録。

夫でありサザンのリーダー、ボーカルを務める桑田佳祐が前作に引き続き全面プロデュースを行い、サポートメンバーとしてサザンのメンバーも参加している。現在はサザンのライブやレコーディングに大いに関わっている斎藤誠(本作のクレジットでは斉藤誠)や、現在でも著名なプレイヤーも全面的に参加した豪華な作品である。 作品名義は原由子となっているが、作品中のクレジット上では作曲や編曲などでも名前のある桑田佳祐 & Head Arrangersとして記載され、演奏されている。メンバークレジットから確認できる通り、サザンでの楽曲と違い、ソロ作品では主にボーカルのみを取っており、担当楽器であるキーボードは一部の楽曲を除きサポートメンバーによるものである。この事は2004年のサザン本体のシングル「彩 ~Aja~」c/wに原由子 & ALLSTARS名義で収録された「夢見るアニバーサリー」などでも同様である。

本作は初版からCDアルバムとしても発売されており、まだ一般に浸透していなかったコンパクトディスクについての取り扱いや注意点、利点などがジャケット裏(歌詞カード包装の表紙内)に事細かに記載されている。また、原の命名により誕生したサザンのプライベートレーベル、ビクタータイシタからの発売となっており、サザンのメンバーが発売したソロアルバムとしては、初めてタイシタレーベルから発売された作品でもある。本作発売後もソロシングルなどはコンスタントにリリースされているが、ソロアルバムの発売は1991年の『MOTHER』まで約8年間途絶えることとなる。

1991年5月21日にはシングル「じんじん」及びアルバム『MOTHER』発売に合わせ、1998年2月25日には初のソロベスト『Loving You』発売に合わせてそれぞれ再発されている。

本作のタイトルは正確には「YUKO HARA 2nd」も含んだものとなっているが、サブタイトルというよりは2ndアルバムであるという記述に留まっているため、ここでは省略する。また、本作では楽器であるシンセサイザーの英語表記となる”Synthesizer”が”Synthesyzer”と複数箇所誤って表記されている。


-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト

横浜を歌った芸能人【4】


追いかけてヨコハマ-桜田順子


s935.jpg


『追いかけてヨコハマ』(おいかけてよこはま)は、1978年2月にリリースされた桜田淳子の22枚目のシングルである。

桜田 淳子(さくらだ じゅんこ、本名:東 淳子(あずま じゅんこ)、旧姓は櫻田、1958年(昭和33年)4月14日 - )は日本の元女優、歌手である。秋田県秋田市出身。サンミュージック所属(活動当時)。重度の近眼。3児の母。秋田市立日新小学校→秋田市立秋田西中学校→品川女子学院中等部・高等部(転入)→国本女子高等学校(転入)卒業。愛称は「ジュンペイ」(月刊平凡・1976年9月号より)


追いかけて横浜-中島みゆき


nakajimamiyuki_0611_250.png

中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島美雪、1952年2月23日 - ) は、北海道札幌市生まれ、帯広市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。1975年にシングル『アザミ嬢のララバイ』でデビュー。失恋歌とラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い支持を受け続けている、日本を代表する女性シンガーソングライターの一人。

オリコンで4つの年代に渡ってシングルチャート1位を獲得した(1970年代:わかれうた、1980年代:悪女、1990年代:空と君のあいだに、旅人のうた 2000年代:地上の星)唯一のソロ・アーティストでもある。ヤマハミュージックアーティスト、ヤマハ音楽振興会所属で、ヤマハ音楽振興会の理事を務めている。しかし、その事はあまり知られていない


-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


よこはま若者サポートステーション


横浜市では、若年無業者(いわゆるニート)や社会的ひきこもり状態にある若者の職業的自立を支援するため、「よこはま若者サポートステーション」を横浜駅西口に開設しました。

サポートステーションでは、就労に向けた総合相談や、若者一人ひとりにあった支援プログラムを作成し、他の就労支援機関と連携しながら継続的な支援を行っていきます。




「働くまで」に困っていたらよこはま若者サポートステーションへ!


「働くまで」の道のりは一人ひとり違います。よこはま若者サポートステーションはあなたをまん中にさまざまな人・機関と協力しながら、一歩ずつ、次のステップへと進むお手伝いをします。



利用案内


●open 月曜日~土曜日 11:00~19:00(新規利用受付18:00まで)
毎月第3月曜日、日曜日・祝日・年末年始はお休みです。
●住所 横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル4F
●TEL 045-290-7234
●FAX 045-290-7235
●対象 15~35歳未満の方及びその保護者の方
●利用料 無料

※よこはま若者サポートステーションでは、お電話での相談は
受け付けておりません。皆さんのお越しをお待ちしております。

-横浜若者サポート-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。