横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田和正“異色コラボ”にリクエスト殺到

15307123_3273691672.jpg



小田和正さん(60)は神奈川県横浜市金沢区出身!
横浜出身の偉大なアーティストの1人!

あの小田さんが・・・
ヒップホップグループとコラボ

リクエストがあったとはいえ、
小田さんならでは、小田さんだからこそ!
とうなずいて納得してしまった。

今年はオフコースや小田和正ソロでの何か新しい企画があるかもと
思っていた矢先だけにファンにはたまらなく嬉しい話題ですね。

小田和正(60)まだまだ新しい事にチャレンジしてくれるはず!

【LGYankees Dear Mama feat.小田和正】















[mixi日記より]
スポンサーサイト

夏目雅子






夏目 雅子(なつめ まさこ、1957年12月17日 - 1985年9月11日)は、女優。本名:西山 雅子(にしやま まさこ、旧姓:小達(おだて))。神奈川県横浜市(生まれは、東京都港区六本木)出身。血液型はB型。六本木の輸入雑貨商・亀甲屋の子として生まれる。東京女学館小学校卒業。東京女学館中学校・高等学校卒業。東京女学館短期大学中退。田中好子は義姉。プロゴルファーの小達敏昭は弟。女優の楯真由子は姪。


出演作品【映画】


俺の空(1977年、東宝)
トラック野郎・男一匹桃次郎 (1977年、東映)
二百三高地(1979年、東映)
魔性の夏・四谷怪談より(1981年、松竹)
大日本帝国(1982年、東映)
鬼龍院花子の生涯(1982年、東映)

hanako01.jpg

FUTURE WAR 198X年(1982年、東映、声の出演)
時代屋の女房(1983年、松竹)
南極物語(1983年、ヘラルド)
小説吉田学校(1983年、東宝)
魚影の群れ(1983年、松竹)
瀬戸内少年野球団(1984年、ヘラルド・エース)

bbf8b9c3.jpg

北の螢(1984年、東映)


出演作品【テレビドラマ】


愛が見えますか(1976年、日本テレビ)
すぐやる一家青春記(1977年、TBS)
花ぼうろ(1977年、日本テレビ)
横溝正史シリーズ 悪魔の手毬唄(1977年、毎日放送)
黄金の日日(1978年、NHK)
Yの悲劇(1978年、フジテレビ)
西遊記(1978年 - 1979年、日本テレビ)

20060109saiyusa.jpg

風の隼人(1979年、NHK)綱手役
鉄道公安官(1979年、テレビ朝日・東映)島村泉役
西遊記II(1979年 - 1980年、日本テレビ)
騎馬奉行(1979年 - 1980年、フジテレビ)みぎわ役
サンキュー先生(1980年、テレビ朝日)
虹子の冒険(1980年、テレビ朝日)
ザ・商社(1980年、NHK)
さすらいの甲子園(1980年、日本テレビ)
おんな太閤記(1981年、NHK)お市の方役
野々村病院物語(1981年、TBS)看護婦主任・北見紀子役
野々村病院物語II(1982年-1983年、TBS)倉方千恵役
徳川家康(1983年、NHK)淀君役
年上の女/禁じられた恋の炎(1977年)
国境の固き約束 13歳の出発(1980年)
チャップリン暗殺計画 世界の喜劇王を救ったのは誰か?(1980年)
花の影(1982年)
六月の危険な花嫁(1982年)
非行主婦・アル中の女(1982年)
丹下左膳 剣風!百万両の壺(1982年)
幕末青春グラフィティ坂本竜馬(1982年)
どっきり天馬先生 僕らの街にスゴーイ美人がやってきて…?(1983年)
妻は告白する 女の体の中には自分でも気づかない魔性がいた!(1983年)


夏目雅子ひまわり基金


自らの闘病生活で、白血病の治療薬の副作用による脱毛に悩み、精神的苦痛を味わった(しかし母親の前では「髪の毛ぐらい、いいわ。私、三蔵法師の時とっても素敵だったのよ」と言った)。脱毛を恐れて積極的な治療を行わない癌患者の闘病生活、社会復帰を支援したいという、彼女の遺志を継ぎ、母親らがかつらを貸与する夏目雅子ひまわり基金を1993年12月に設立。 パンフレットには兄嫁である田中好子が出演していたこともある。

死後も(財)骨髄移植推進財団のCMに画像が起用されている(一時期していた、公共広告機構もほぼ同様)。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


ひまわり


エドモンド・モレル

エドモンド


エドモンド・モレル(Edmund Morel、1841年11月17日~1871年9月23日)は、イギリスの鉄道技師である。

新橋~横浜間に日本初の鉄道を敷く際、イギリス公使ハリー・パークスの推薦により工部省の招聘を受け、1870年に来日、初代・鉄道兼電信建築師長に就任した。来日前は、セイロン島(現・スリランカ)の鉄道敷設を指揮。

枕木にはイギリスから鉄製のものを輸入する予定であったが、「森林資源の豊富な日本では木材を使った方が良い」というモレルの進言により、日本産の木製の枕木が使用されることになった。日本の鉄道の将来を考えた技術指導を行ったことから、「日本の鉄道の恩人」と賛えられている。桜木町駅近くにはモレルを記念した「モレルの碑」が「鉄道発祥記念碑」とともに設置されている。

来日前からすでに肺を病んでおり、鉄道完成を目前にして結核で早逝、日本人の妻もすぐ後を追う。横浜市の外人墓地内にある彼の墓所は、1962年に鉄道記念物に指定された。

モレルの名は、JR東日本グループのホテルエドモント(現:ホテルメトロポリタン エドモント)の由来にもなった。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

横浜松坂屋の創業者「茂木惣兵衛」


mogi


茂木 惣兵衛(もぎ そうべえ、1827年(文政10年) - 1894年(明治27年))は、横浜の実業家であり、原善三郎と並ぶ明治時代における横浜商人の象徴的人物である。

茂木惣兵衛は上野国高崎(現群馬県高崎市)にて、質商大黒屋茂木惣七の長男として生まれた。
幼名は惣次郎。

10歳で新田郡太田の太物商今井仙七の家に奉公し、才能を認められ支配人に抜擢される。26歳には桐生の絹物商新井長兵衛の養嗣子となった。その後開港間もない横浜における野沢屋庄三郎率いる野沢屋と協力し、生糸商人として頭角をあらわす。万延元年(1860年)に養子として、横浜商人石川屋平右衛門の石川屋を相続するが、文久元年(1861年)9月の野沢屋庄三郎の死をきっかけとし、一年ほどして野沢屋の暖簾を譲り受け石川屋を野沢屋と改称し、野沢屋惣兵衛として独立した。野沢屋庄三郎は諸説あるが、横浜開港の年より生糸を取り扱った横浜最初の生糸売込商人と言われている。

惣兵衛の故郷高崎は生糸の生産地である関東北部や信州からも近く、彼自身生糸に詳しかったことが推測され、その後の地道な努力により幕末の混乱期を乗り切り、明治9年(1876年)には生糸売込商首座となり、それは惣兵衛の生存中ほぼ維持された。温厚で謙虚な人物であり、人相では耳たぶの大きな福耳に特色があったと伝えられている。

晩年は明治16年(1883年)に茂木保平を名乗り保平家を新たに興し、甥の保次郎に惣兵衛家を譲った。茂木惣兵衛は惣兵衛家の家督を持つものが名乗り、三代目まで存在する。

惣兵衛没後野沢屋は茂木商会を合名会社とし、野沢屋呉服店、野沢屋輸出店、野沢屋絹商店、茂木銀行、茂木土地部など、多角的に事業を行い総合総社化し、茂木財閥として大拡張したが、大正の第一次世界大戦後の不況に巻き込まれ、三代目茂木惣兵衛のとき崩壊した。

伊勢佐木


野沢屋の暖簾が消えることを惜しんだ絹物輸出商の亀井信次郎と、茂木家の縁者であった名古屋の瀧家の瀧定助(正太郎)により、野沢屋呉服店は独立し、後に野沢屋百貨店として横浜市民に愛された。
現在の横浜松坂屋である。
横浜松坂屋は茂木惣兵衛を創業者として尊重している。

墓地は横浜市中区の相沢墓地にある。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

アントニオ猪木


猪木_R


アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英語表記:Antonio-Inoki、本名:猪木 寛至(いのき かんじ)、1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、元参議院議員。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。

新日本プロレス創始者で元オーナー。愛称は「アントン」。

今日の日本のプロレス・格闘技の歴史を語る上で(猪木自身は、プロレスと格闘技を区別することを嫌っているが)、力道山、ジャイアント馬場と並んで欠く事の出来ない存在であり、多くの世界のプロレスラー・格闘家に影響を与えている存在である。1995年には北朝鮮で、「スポーツと平和の祭典」を開催している。北朝鮮政府によると、この大会では2日間で38万人の観客を動員した。



高田延彦


高田


高田 延彦(たかだ のぶひこ、本名:高田 伸彦、1962年4月12日 - )は、日本のプロレスラー・元総合格闘家。神奈川県横浜市磯子区出身。

格闘技ジム高田道場主宰者、格闘技イベントPRIDE統括本部長であり、PRIDEの解説者を務める。芸能マネジメントはレプロエンタテインメントが受け持っている。妻はTVタレントの向井亜紀。夫婦共に無類の酒好き。



鈴木みのる


鈴木_R


鈴木 みのる(すずき みのる、本名:鈴木 実、1968年6月17日 - )は、パンクラスMISSIONに所属するプロレスラー。神奈川県横浜市出身。身長178cm、体重87.7kg→102kg。


-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。