横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黛敏郎



黛 敏郎(まゆずみ としろう、1929年2月20日 - 1997年4月10日)は、日本の作曲家。20世紀日本のクラシック音楽・現代音楽界を代表する音楽家の一人として知られる存在である。

神奈川県生まれ。旧制横浜一中(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)から1945年東京音楽学校(現東京藝術大学)に入学して、橋本國彦、池内友次郎、伊福部昭に師事。1949年卒業、研究科進学。1951年研究科卒業。

同年8月、フランス政府受け入れ留学生としてパリ音楽院に入学するが一年で退学し帰国。1953年、芥川也寸志、團伊玖磨と共に「三人の会」結成。以後作曲家として活動をはじめる。1997年4月10日、肝不全のため逝去。享年69(68歳没)。

ミュジーク・コンクレート、電子音楽、ヴァレーズの音楽様式、プリペアド・ピアノなど、留学中に接したヨーロッパ最新の前衛音楽の様式を次々と模倣し日本に紹介する。しかしそれらの西洋前衛音楽へのアプローチは、構造的な理論よりは音響への興味を優先させた。とくに、電子音楽、ミュージック・コンクレートなどの分野においては、日本における第一人者でもある。

その後、代表作となった涅槃交響曲では、声明を模した男声合唱を取り入れ、さらに鐘の音をNHK電子音楽スタジオで音響スペクトル解析した上オーケストラで再現した。「カンパノロジー・エフェクト」と自ら呼んだこのアイデアは、奇しくも現在フランスの現代音楽シーンの主流を占めるスペクトル楽派の一人トリスタン・ミュライユの管弦楽曲「ゴンドワナ」を約20年も先取りするものであった。

しかし黛はその後このカンパノロジー・エフェクトをテープ音楽などでいくつか試みはしたものの、両者の間に直接の交流は行われていない。むしろ、従来黛が示していた音響的な興味へのアプローチよりは、この曲を境に内面的な日本的要素への回帰を示した。後には仏教思想、さらに保守的政治思想へと発展した。もう一つの代表作として、三島由紀夫の小説によるオペラ「金閣寺」がある。

日本テレビの「NNNニュース」「スポーツ番組(全日本プロレス中継、故ジャイアント馬場のテーマ)」のテーマ曲である「スポーツ行進曲(別名:NTVスポーツのテーマ)」、関東UHF局の「朝日フラッシュニュース」のオープニングテーマソングである「朝日ニューストップタイトルのための音楽」を作曲したり、テレビ朝日(当初は東京12chで放送)「題名のない音楽会」の司会を担当するなど、現代音楽の作曲家としては稀有な親しみやすい存在であった。その他にも、仏教諸宗派のためにカンタータなどを作曲。

夫人は元女優の桂木洋子。演出家の黛りんたろうは長男。朝日新聞学芸部編集委員の黛哲郎(故人)は実弟。

保守系団体「日本を守る国民会議」(現日本会議)議長や自由民主党の党友組織自由国民会議代表を務め、右翼(天皇崇拝家)の論客として知られた。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト
田中豊雪

yokohama.jpg


田中 豊雪(たなか とよゆき、1961年4月29日 - )は、神奈川県横浜市出身のベーシスト。青山学院大学中退。

1981年にTHE SQUAREに加入し、1986年退団。スクェア時代に作曲した「OVERHEAD KICK」はスクェアの11thアルバム『S・P・O・R・T・S』収録曲の中でも安藤まさひろ作曲の「LOVE IS IN MY SIGHT」や和泉宏隆作曲の「宝島」と並ぶ人気曲である。

スクェア退団後は渡辺満里奈や渡辺真知子のサポートバンドでリーダーを務めたり、アーティスツ・ヴィレッジの講師を務める等多彩な音楽活動を続けている。スラップ奏法に定評が有るベーシストであり、ライブの時の見せ場はベースを頭上に担ぎ上げて弾いたり、唇(前歯?)でベースの弦を咥え上げてプラッキングして観衆を大いに沸かせていた。

スクェア在籍時、武道館でのイベントで演奏中にステージから飛び降りたという逸話がある。武道館のステージは非常に高く出来ており、危険なため飛び降りるミュージシャンはまずいない。1985年年末のスクェア武道館ライブにおいて和泉宏隆より「武道館のステージから飛び降りたのはロッド・スチュワート、大友康平、そして田中豊雪だ」とこの逸話が紹介された。





西山毅


pic.jpg


西山毅(にしやま たけし、1962年1月7日 - )は、日本のミュージシャン。元ハウンド・ドッグのギタリスト。横浜市神奈川区出身

1984年、蓑輪単志の推薦で、ハウンド・ドッグに新ギタリストとして加入。その演奏技術には定評があり、ハウンド・ドッグに否定的な音楽ファンからも高く評価されている。ギター雑誌での連載を始め、ソロアルバムがギタリストオススメの1枚として紹介されたりしている。


1993年頃フジテレビで放送されていた深夜番組「寺内ヘンドリックス」に「ギター侍」として出演。海外のギタリストに「ギター対決」を挑んでテクニックを見せつける企画で、一部で評判となった。

「自分が本当にやりたい音楽とハウンド・ドッグの音楽性は異なる」趣旨の発言をかねてから繰り返し、ファンを心配させていたが、2006年にハウンドドッグを辞めさせられるまでは、自らの意志で脱退することはなかった。1997年、ソロアルバム「CREATURE」を発表。「脱退」後はさまざまなセッション活動の傍ら、教則本の模範演奏などでも活躍している。

実家が歯科医だったため、歯科技工専門学校に通っていたことがある。ハウンドドックへ入る前に、『C-C-B』に誘われたが長髪を切るのが嫌で断り、その後ハウンドドッグ入りして直ぐに髪をバッサリ切った。

整った容姿とスタイルで女性ファンの人気を得ている。そして真のギター好きで、暇さえあれば練習漬けであるという。演奏中にギターを体の後ろで弾いたり、見せ場でギターをクルッと回すスタイルは当時では国内のミュージシャンでは余り例が無く、コピーバンドのギターも良く真似をしていた。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-





山口美江


MW-W03-0616.jpg


山口 美江(やまぐち みえ、1960年9月20日 - )は、横浜市中区出身の元テレビキャスター・女優・タレント・実業家。上智大学外国語学部卒業。2006年からソルトアースに所属し、現在は実業家の傍らごくたまに芸能活動も行っている。

帰国子女ではないが、小学校から高校まで横浜のサンモール・インターナショナルスクールに学んだため英語が堪能で、当時は元祖バイリンギャルと呼ばれた。外資系化粧品メーカーのエスティローダー(美容メーカー)でマーケティング、ワーナー・ブラザーズで社長秘書を経験。その後は通訳を経て、テレビ朝日「CNNヘッドライン」のニュースキャスターとしてタレントデビュー。その後フジッコ・漬物百選のCMにおける「しばづけ食べたい」の名台詞で一躍脚光を浴びる。その後はフジテレビ・『FNN NEWSCOM』、毎日放送・『世界まるごと2001年』、関西テレビ放送・『たけしのここだけの話』などの情報、バラエティ番組の司会や、ドラマにも多く出演していた。1996年に芸能界を一時引退。現在、横浜市にある輸入雑貨店を運営の傍ら2002年から徐々に芸能界に復帰し、バラエティ番組のゲストとしてたまに出演している。

2006年1月、1996年の芸能界の一時引退は父親が深刻なアルツハイマー病にかかったことが理由であり、壮絶な介護生活を送っていることを『ザ!情報ツウ』(日本テレビ)のインタビューで明かした(母親は山口の幼少期に亡くなっている)。その父親はその年に亡くなった。



中村優一


MM-M06-0344.jpg


中村 優一(なかむら ゆういち、1987年10月8日 - )は、日本の俳優である。ワタナベエンターテインメント所属。神奈川県横浜市出身。血液型O型。身長177cm、体重61kg。

2004年7月27日に行われた「第1回D-BOYSオーディション」でグランプリを受賞し、D-BOYSに所属する。2003年頃はジャニーズJr.に所属していた


ジャッキー佐藤


20070211125841.jpg


ジャッキー佐藤(じゃっきーさとう、1957年10月30日-1999年8月9日)は元女子プロレスラー。本名・佐藤尚子。神奈川県横浜市出身。

小学校の時から長身で、横浜市立浜中学校在学中はバスケットボール部で活躍。1975年3月に神奈川県立商工高等学校を2年で中退し全日本女子プロレスに入門。デビュー戦は同年4月27日のマキ上田戦。1976年2月24日にマキとビューティ・ペアを結成しWWWA世界タッグ王座を獲得する。ビューティ・ペアは「かけめぐる青春」「真赤な青春」「青春にバラはいらない」などの曲が大ヒットする「アイドル」的存在で、試合の観客席はファンの女の子たちで満員だった。また、試合前のリングで歌を披露する際はリングに紙テープや紙吹雪がいっぱいになった。とにかくこの頃のビューティ・ペア人気はすごかった。

1977年11月1日にはマキが持つWWWA世界シングル王座に挑戦。この試合はビューティ・ペア同士の対決として注目され、互いに譲らず60分時間切れ、判定でタイトルを獲得。1979年2月27日には「敗者引退」という過酷なルールでのマキとの再対決は48分7秒、エビ固めで勝ち、マキは引退、ビューティ・ペアに終止符が打たれた。マキ引退後はモンスター・リッパーにWWWA世界シングル王座を奪われるも奪還したが、1981年2月25日のジャガー横田(当時横田利美)戦で同王座から転落。1981年5月21日に引退式が行われた。

しかし、1986年8月17日、新団体「ジャパン女子プロレス」での神取忍(当時神取しのぶ)戦で現役に復帰する。その後も神取と壮絶な死闘を繰り広げ、1988年3月20日での試合を最後に引退した。

引退直後の1988年には体操教室の会社「ジャムナ」を設立する。スポーツプログラマー、ヘルスケアトレーナーの資格を取得し、中高年女性を中心に自らが考案した「ジャムナ体操」を教える。1999年8月9日、胃癌のため死去。享年41。ジャッキーは死ぬまで自分の病名をマキには伝えず、マキはそのことについて「哀しいけど、いつまでもライバルとしてみていてくれたことが嬉しい」と話している。

大のタバコ好きで、棺にはタバコが納められた。また全女の後輩ナンシー久美とは最期まで私生活でも仲がよく、ナンシーはジャッキーの兄弟と共にジャッキーの看護・死後の諸々の後始末にもあたった。

- フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-




Salyu

6824-Salyu1.jpg


Salyu(サリュウ(サリュと表記される場合もあり)、1980年10月13日 - )は、日本の女性歌手・ボーカリスト。本名:森綾子(もり あやこ)。神奈川県横浜市港北区出身。トイズファクトリー・烏龍舎所属。血液型O型。カリタス女子短期大学言語文化学科コミュニケーション文化専攻卒業(マクロビオティック系の調理師専門学校にも通っていたようである)。兄は元ラグビー日本代表の森大輔。

アーティストネームのSalyuはフランス語の「Salut」(乾杯の意、親しい人柄の挨拶の意)に由来している。命名は小林武史による。


ジョー・リノイエ


photo_joe.jpg


ジョー・リノイエ (Joe Rinoie、1960年12月13日 - ) は、音楽プロデューサー、作曲家、シンガーソングライター。神奈川県横浜市出身。血液型B型。中国系日本人。コピーライツバンク(J・A・W・S Records)所属。カレイドスコープ代表取締役。

横浜のインターナショナルスクール、セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに学ぶ。1988年にバンドD-Projectでデビューし、バンド解散後、作曲家、歌手として活躍する。1996年にはROmantic Modeを結成。

代表曲は、武富士のCM曲『SYNCHRONIZED LOVE』、石井明美に提供した火曜サスペンス劇場の主題歌『バラード』など。現在はヴォーカルプロデューサーとしても活躍している。

2005年7月には、J・A・W・S RecordsよりTWO-MIX(永野椎菜・高山みなみ)のメンバーと新たにII MIX ⊿ DELTAという新ユニットを結成し、ミニアルバムを2枚リリース、およびアニメ『キスダム -ENGAGE planet-』にてOPとBGMを担当した。うたばんにソロ「それだけしか言えない」で出演したこともある。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

Crystal Kay


image.jpg


クリスタル・ケイ(Crystal Kay 本名:Crystal Kay Williams 1986年2月26日 - )は、日本の女性歌手。ソニー・ミュージックエンタテインメント(エピックレコードジャパン)所属。身長170cm。横浜市出身。

確かな歌唱力を持ち、日本で生まれ育ったがアメリカンスクール出身のため英語も堪能である。

誰とでも友だちになれるのが特技で、PVで共演した成宮寛貴や平井堅、BoA、松浦亜弥、加藤あい、山田優、ARASHI、アメリカの女性歌手エイメリー(Amerie)など数多くの著名人と交友がある。

愛称は「クリ」。「ケイ」はミドルネームなので、本来ならば「クリスタル」か「ウィリアムズ」で呼ばれるべきだが、付き合いの浅い人からは日本語と語感の近い「ケイちゃん」と呼ばれることもある。またこのうち、ラジオ番組において本人が「ケイ」は最も苦手な呼ばれ方であると語っている。

愛車はフォルクスワーゲン・トゥアレグ。




レイチェル・チャン

rachel_chan.jpg


レイチェル・チャン(Rachel Chan、1974年9月20日 - )は、神奈川県横浜市出身、FM BIRD所属のラジオパーソナリティ・フリーアナウンサー。元長野放送アナウンサー。

東洋英和女学院大学社会科学部卒業。イギリスエディンバラ大学・ウェールズ大学上級英語コース修了。血液型はA型。

幼少時代、6年間アメリカ合衆国ニューヨークで過ごし、演劇・アートと出合い、学生時代は英語劇に没頭。またイギリスロンドンでは演劇を学び、ショートフィルムに出演する。

大学卒業後、長野県の民間放送局・長野放送(NBS)に入社。NBSでは「NBSザ・ヒューマン」「NBSスーパーニュース」でニュースキャスターを務め、主に報道番組に出演していた。

NBS退社後は、イギリスにおよそ5年間滞在し、NHK及び民放のロンドン支局制作の番組で、ナレーター・吹き替え・インタビュー・MC・通訳・リサーチャー・コーディネーター・ドキュメンタリーコメントの翻訳等に携わる。

2007年1月に日本に帰国。帰国後はJ-WAVEのナビゲーターとしてインターネットラジオ「Brand New J」に出演。同年4月からは「RENDEZ-VOUS」ナビゲーターとして出演中。またテレビでは、BS11デジタルの開局特別番組を担当したほか、同局のニュース番組「BS11ニュース」にアナウンサーとして出演中。


TiA


041217_photo1.jpg


TIA(ティア、1987年6月11日- )は、シンガーソングライター。

事務所は、ハマソウル

血液型はO型。
横浜市出身で、身長152cm。
音楽が好きな家庭に生まれ幼少の頃から歌手を目指す。
14歳の頃に書いた『Every time』のデモテープが事務所の社長の手に渡り、2004年6月9日にファーストシングル『Every time』でデビューを果たす。
2006年2月、芸名をTiAからTIAに変更。「TiA」というのは、「Tiara」から来ているらしい。
同じ事務所で名曲・『タッチ』をリカバーしたユンナとは仲が良い。(ユンナは日記で、TIA姉と言っている)
愛犬はポム(パグ)。大好物はアイスクリーム。
劇団ひとりが、自身の番組内でTIAのファンだということを公表し、後にTIA本人も番組に出演した。
兄弟に16歳年上の歌手、勝tomo大と3歳年上の兄で格闘家のJET清光がいる。

- フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。