横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜には多くの川が流れています。

中でも『あざらしのタマちゃん』で

有名になった大岡川のお話をしますね。


全長 約15km 流域面積 約27万km2 
大岡川の河口部は開港により日本の文明開化の中心的な役割を
果たして来ました。
現在まで約140年間にわたって横浜の発展とともに大岡川も
大きく姿を変えてきました。
大岡川の源は横浜南部の氷取沢市民の森にあります。
大岡川の上流は、戦後の高度成長期に住宅地などに開発されたため、
谷戸や里山などが失われました。
中流域は、上大岡から弘明寺あたりは、大岡川の水を利用して、
一面に水田が広がっていました。大正時代に弘明寺まで市電が
のばされ、教育施設などが作られ市街地となりました。
下流域は、江戸時代からの新田の埋立地です。
横浜の開港によって、大岡川などの河岸には、
水運を利用した工場、倉庫や材木店などが
立ち並び、いかだなどが川を行き交いました。
しかし、横浜の発展とともに運河部分に河川を埋め立てられて
地下鉄に変わり、埋め立てをまぬがれました。
川の上を高速道路が走り、水質の悪化で、
どぶ川になってしまいましたが、
下水道の整備や市民の川の環境保全活動により、
川はよみがえりつつあります。


大岡川と桜

江戸時代より弘明寺観音に参る

大岡川大曲りは、桜の名所。


川沿いの両岸約3.5kmにわたってサクラが植えられています。
毎年桜の開花と共に、この川沿いの桜並木の下、
桜吹雪の中露天商が並び、にぎやかな催しが行われます。

大岡川プロムナード


子供の頃の大岡川は、どぶのような悪臭漂う川でした。
しかし、川の中にはたくさんの『ボラ』が住んでいて、
お天気が変化すると、このぼらの大群が移動するため、
ボラが群れていると雨が降ると友達同士はなしながら、
下校した記憶があります。

元々大岡川は、捺染工場から垂れ流される染料や、
家庭排水など流れ込むどぶ川でした。
大雨が降ればマンホールから溢れ出し、川沿いの空き地には、
廃車が捨てられていた。
時代の移り変わりと共に、下水が整備され、
川の途中から水量を調整する水路が作られ。
老朽化した橋は、架け直されきれいになり
川沿いの空き地には、煉瓦が引き積められ桜が咲き乱れる、
プロムナードに生まれ変わりました。


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/110-a6941360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。