横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大輔よ金気にせずプレーを!

ゴジラが怪物にエール


ヤンキースの松井秀喜外野手(32)が14日、イメージキャラクターを務めるコマツの子会社『小松ゼノア』の川越工場を訪問。出来高払いなどを含めた6年総額最大6000万ドル(約70億2000万円)でレッドソックスへの入団が基本合意した松坂大輔投手(26)に対し「金額で(松坂が)重圧を感じることはないと思う」と大型契約を結ぶゴジラならではのエールを送った。

 サラリーマンにはため息しか出ない数字だ。松坂とレ軍の間で交わされた6年総額最大6000万ドル(約70億2000万円)という大型契約。そのレベルを体感しているメジャーの先輩・松井秀が、松坂にエールを送った。


 「レッドソックスがそれだけ松坂君に期待と評価をしているということでしょう。金額による重圧? 松坂君がどう考えるかですけど、それはないのでは…。いちいち自分の給料のことを考えながら、グラウンドに立っている野球選手はいないと思いますよ。松坂君も同じだと思う」


 埼玉・川越市にある『小松ゼノア』の工場を訪問した後、みずからの体験を踏まえて松坂の結んだ契約についての感想を口にした。落ち着いた口調でのメッセージは、“金額で重圧を感じるな”。話しながら、自らの過去とだぶらせていた。


 メジャー1年目の2003年。ヤ軍と3年総額2100万ドル(約24億5200万円)を結び、昨オフには4年総額5200万ドル(約60億8400万円)で契約を更新した。ボストン以上にファンやメディアの厳しい目にさらされるニューヨーク。スランプに陥ると「あれだけもらっているのに…」と始まり、時には餌食になる。実際、ゴジラもそうだった。だが、松井秀は給料の多さからくる重圧を感じたことは今までにないという。


 ゴジラの目には松坂も“同種”に映る。高い給料は実力の物差し。色メガネややっかみもある。今後、大型契約ゆえの“逆風”に襲われることは間違いない。それでも、われわれは、重圧を感じることなく誇りに思って戦えばいい-。それが先輩の思いだ。

-サンケイスポーツ-





ポチット押してくれたら嬉ですぅヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッね


↓↓↓↓↓


ブログランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/230-4796a1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。