横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅野忠信


MM-M93-0073.jpg


浅野 忠信(あさの ただのぶ、1973年11月27日 - )は、日本の俳優。本名、佐藤 忠信(さとう ただのぶ)。
神奈川県横浜市南区出身。神奈川県立磯子高等学校出身。祖父はネイティブ・アメリカン(インディアン)。1995年、歌手のCHARAと結婚。A型。
テレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)でデビュー。 中学生だった忠信は俳優業を続ける気は全く無く、映画『バタアシ金魚』を最後に止めるつもりだった(この作品のオーディションの時、他のオーディションを受けにきた人たちを見て「こいつらは間抜けだ!」と思っていたそうである)。結果的に本職の俳優になったのは、映画好きの父親に半ば強制された為であり、基本的に映画にしか出演しないのは、忠信本人が出した俳優になる最低条件であり、同時に父親への抵抗でもあった。

例外的なTVドラマ出演としては『私立探偵 濱マイク』第10話「1分間700円」、『ウルトラマンティガ』第40話「夢」など。 また初期にはNHKドラマ『春の一族』(1993年)で引きこもりがちなバイク少年を好演した。
『バタアシ金魚』で銀幕デビューした後、無名の若手監督の映画に多数出演。インディーズ系の俳優として注目される。彼らが名を広めると共に浅野自身も評価を高めて行った。1990年代後半以降、日本映画が国際映画祭に挑戦し始めると共に、常連となっていき、国際的にも注目された。外国からのオファーもあり、『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』でウォン・カーウァイ監督と、『孔雀』ではクリストファー・ドイル監督と『珈琲時光』ではホウ・シャオシェン監督と組む。2003年タイ、日本その他合作映画『地球で最後のふたり』(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)でヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門主演男優賞受賞。
役柄としてはアナーキーなキャラクターや、「普通の人」から突如として「キレる」キャラを得意とする。
2004年、初監督作品『トーリ』がDVDで発表された。
幼少期は空手を習っていた。またその頃まで髪の毛は金髪に近い色をしていた。 また、現在、幅広い活躍をしている加瀬亮は最初、浅野に手紙を送り、付き人を経て俳優になった。


黒沢年雄



MM-M93-1193.jpg


黒沢 年雄(くろさわ としお、本名・旧芸名:黒沢 年男[読みは同じ]=2000年に改名、1944年2月4日 - )は神奈川県横浜市出身の俳優で 歌手。弟のくろさわ博(元ヒロシ&キーボー)、妻の街田リーヌ(本名・街子)、娘の黒沢レイラ(同・裕美)もタレント。日本大学高等学校出身。

1964年、第4期東宝ニューフェイスとして東宝に入社、人気俳優となる。独特の低い声が特徴で、その声で歌った「時には娼婦のように」(1978年)は大ヒットとなった。

1992年に大腸ガンが発覚した際、それまでアイパーをかけていた頭髪を短く刈り込んだ(現在はそれに加えて白く染めている)。その後は無精ひげ(長さは2㎜に揃えているらしい)を生やすとともに、今やトレードマークとなっているニット帽(はじめは夫人が持っていたピエール・カルダンのニット帽)を被るようになった。素材は夏はシルク、冬はカシミアらしい。

近年はオウミ住宅のCMでのはじけっぷりで話題を集めたほか、トーク番組で天然ボケというキャラを確立し、中尾彬などと並んでバラエティ番組で人気が高い。踊る!さんま御殿!!では一時期「八方一郎」(やかた いちろう)という名前で呼ばれていた。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-




ポチット押してくれたら嬉ですぅ

((*'∇'*)ヨロ((*・v・)シク( _ _)デス♪

↓↓↓↓↓


ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/285-cb93fe37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。