横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜銀蠅


41Y1KBXFAVL.jpg


リーゼントの髪形にサングラス、ライダー革ジャン、白いドカン(ズボン)と、独特の服装スタイルで歌謡界に登場。「ツッパリ」、「暴走族」といった当時の時代風潮に乗り一気に若者の人気を獲得した。

楽曲としては、4人で演奏するシンプルなロックンロール、バラードなどから、笑いを誘うコミックソングまで幅広いものがある。初期の「TCR横浜銀蠅RS」時代において、多くはメインボーカルである翔の作による歌詞は、ストレートに若者の心を語ったものも多く、派手なスタイルなどとは別に楽曲自体に影響を受けた音楽ファンも少なくなかった。再結成後の楽曲は良くも悪しくも「普通」である。なお、あのツッパリ風スタイルはあくまで売っていくためのキャラクターであり、不良出身というわけではない。

1979年9月21日 - 翔、Johnny、TAKU、嵐の4人でバンドを結成。正式名称は「THE CRAZY RIDER 横浜銀蠅 ROLLING SPECIAL」。「TCR横浜銀蠅RS」とも表記する。
1980年9月21日 - アルバム『ぶっちぎり』、シングル『横須賀Baby』の同時発売でデビュー。
「銀蠅一家」として、弟分グループ「紅麗威甦」(ぐりいす-杉本哲太在籍)、嶋大輔、妹分アイドルの岩井小百合などがデビュー。
1983年12月31日 - 解散。
1998年1月1日 - 「横浜銀蠅」として翔、TAKU、嵐の3人で再結成。
2002年 - 7月23日に「横浜銀蠅」解散。同日に「湘南銀蠅」結成。以降、同年9月22日に解散するまで翔、TAKU、嵐の3人もそれぞれ「シャーク」、「サンセット」、「ヤシの実」と名乗り夏季限定の音楽活動を行う。解散後の翌日から「THE CRAZY RIDER 横浜銀蠅 ROLLING SPECIAL RETURNS」の名称で活動再開した。


翔(しょう、本名:田宮 将吉、1958年6月8日 - )

- ボーカル、ギター


M98-0238-070217.jpg
楽曲の多くに

作詞・作曲で名を記す。メインボーカリスト。神奈川県立柏陽高校卒、関東学院大学卒業。



Johnny(ジョニー、本名:浅沼 正人、1958年5月9日 - )

- ギター、ボーカル


johnny1.jpg


神奈川県立柏陽高等学校卒、神奈川大学卒業。グループ所属中もソロでレコードリリースなどの活動をしていた。メンバーの中で一番人気があり、バレンタインデーにはトラック何台分もの大量のチョコレートが贈られていた(尚、本人はその事が不思議だったらしく、大量のチョコレートを見て「この国はどうなってるんだ?」と思ったと言う)。解散後もソロ活動をしたのち、1988年にキングレコードの社員となる。中山美穂、的場浩司らをディレクターとして手掛け、2002年からは「ベルウッドレコード」プロデューサー。現在は、インディーズバンドを支援する「YOKOHAMA FACTORY」を展開している。1998年の再結成には不参加。


TAKU(タク、本名:秋葉 卓志、1960年9月22日 - )

- ベース、ボーカル


1p996.jpg
初期の槇原敬之のCD製作やTV版天地無用!(ねぎしひろし監督版)の主題歌を歌っていたSONIAのプロデュースに関わっており、クレジットにもその名を見ることが出来る。



嵐(らん、本名:田宮 淑行、1955年4月15日 - )

- ドラム、ボーカル


ran.jpg

リーダーで、翔の実兄。キャンディーズのランこと伊藤蘭のファンだったことから、これをもじって「嵐」と名乗った。血液型AB型。最年長者。数曲の作者として「タミヤヨシユキ」で登場する。2004年に脳梗塞にかかり、開頭手術を受けた。相模工大附属高校卒、関東学院大学中退。キャラクターと違い意外にも声は甲高く意外に柔らかい人物である。


-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


t.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すっごいいいいい!!!
激しい見た目な人達ですね。。。
なんか芸能人って結構みんな似てて、イメージかぶっちゃう人も多いですが、これなら。。。w
2007/10/16(火) 12:39 | URL | 冠 #-[ 編集]
冠さんへ
すごいでしょd(ゝ∀・)

カルチャーショック受けたかな?

日本のアーティストでは、
かなり個性的なグループですよ。

2007/10/17(水) 09:17 | URL | さくら #o5aTQprE[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/12/16(木) 23:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/371-b9b09c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
横浜銀蠅初期の「TCR横浜銀蠅RS」時代において、多くはメインボーカルである翔の作による歌詞は、ストレートに若者の心を語ったものも多く、派手なスタイルなどとは別に楽曲自体に影響を受けた音楽ファンも少なくなかった。再結成後の楽曲は良くも悪しく ...(続きを読む) ...
2007/12/28(金) 16:32:35 | 銀
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。