横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜エフエム放送


横浜エフエム放送株式会社(よこはまえふえむほうそう)は神奈川県を放送対象地域とするラジオ放送局である。愛称はFMヨコハマ(第1期の使用(表記はFM横浜):1985年12月20日~1993年9月、第2期の使用:1995年4月1日~)。1985年12月20日にFMでは全国21番目に開局。周波数・空中線電力は、横浜局の84.7MHz・5kWで、小田原に中継局(80.4MHz・100W)がある。コールサインはJOTU-FM。


【横浜エフエム放送の本社・演奏所が入居する横浜ランドマークタワー】


180px-Landmarktower_revised.jpg


神奈川県の他、東京都のほぼ全域(伊豆大島以外の島嶼部を除く)と千葉県、埼玉県、山梨県、などでも聴取できるほかに茨城県、静岡県の一部にも電波が届いており、こちらのほうでもリスナーが多い。

首都圏では、1970年4月26日のエフエム東京開局、1985年10月1日のエフエム群馬の開局以来の新しい民放FM局。「Fヨコ(エフヨコ)」と親しまれ、大きなブームを巻き起こした。開局当初からJFN(全国FM放送協議会)には加盟せず、独自の番組制作を行うという画期的な試みを最初に行った局でもある。

開局当時のキャッチフレーズは「右へ数センチで、夏です」だった。当時は、アナログスケール(目盛り)を見ながらダイヤルを回して周波数を合わせる、アナログ選局のラジオ受信機が主流だった。このことから、既存FM局から右側へ(周波数の高い方へ)数センチメートルずらしてFM横浜を受信しましょう、という意味合いを持たせたもの。

1993年10月に社屋を、中区山下町の産業貿易センタービル3階から、現在の横浜ランドマークタワー10階に移転。それと同時にこれまでの「FM横浜」から「ハマラジ」(「YOKOHAMA RADIO」の略)へと愛称を変更、編成も大きく変え、第二の開局として女優の小橋めぐみが出演したテレビCMなどで大々的に宣伝しスタートした。しかし、浸透しなかったためか、1995年4月1日に「Fm yokohama 84.7」(日本語表記はカタカナの「FMヨコハマ」)へ愛称を戻し(因みに愛称変更時のキャッチフレーズは、「FM Yokohama Returns」だった。)、現在に至る。現在の愛称に変更された際に制定されたシンボルマークは、葛飾北斎作の富嶽三十六景『神奈川沖浪裏』の絵の波しぶきに「FM」のロゴを組み合わせたものである。

ジングルにはいくつかのバージョンがあるが、いずれも統一されたメロディーを基にしている。2006年4月の番組改編で、ステーションIDジングルとニュース、交通情報(TRAFFIC REPORT)、気象情報(WEATHER INFOMATION)のBGMが1995年4月以来11年ぶりに新しいものに変更された。

時報スポンサーは、1985年12月の開局以来、「横浜そごう」が提供していたが、2001年10月から、「住宅情報館」を首都圏各地に展開する住宅販売会社「城南建設」(本社・相模原市)に変わり、現在に至る。

なお、時報の前にはクラシック音楽が流れることがある(Classical music Zone)。4:57頃と24時前は「威風堂々」が放送され、その他の時間は曜日および季節により異なるが、毎回違った曲が放送される。

放送時間は毎日午前5:00基点で24時間放送だが、日曜深夜=月曜未明は1:00-5:00休止。ただし実際この時間帯(1:00-4:30頃)では通常は試験電波を発射しており、新旧洋邦を問わない音楽が流れ続けている(試験電波を発射しない時もある。また、ディズニー音楽だけが流れることもある)。特に、4時台は「J-POP SELECTION」のように邦楽が多いが、洋楽も流れる。

2004年の道路交通法の改正以降、交通情報の終わりやスポットCMで、運転中の携帯電話の操作をやめるよう車を運転中のリスナーに呼びかけている。また、各番組でもパーソナリティー(DJ)が、番組のメールアドレスを言った後、同様の注意がある。また、2007年の同法改正以降は、スポットCMで各番組のパーソナリティーが、飲酒運転撲滅を訴えている。


- フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/387-aac239c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。