横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜を舞台にしたテレビドラマ【2】


探偵物語



tanteicd.jpg


探偵物語』(たんていものがたり)は、1979年9月18日~1980年4月1日に日本テレビ系列で全27話が放送されたテレビドラマ。主演の松田優作の中期の代表作。その後も再放送が繰り返された。現在でも名作として人気は高い。


概要


私立探偵の工藤俊作が、街の仲間達の協力を得たり、彼を邪魔者扱いする刑事をおちょくったりしながら様々な事件を捜査して行く。

作品の企画に伴い、プロデューサー山口剛の早稲田大学在学時代からの友人でハードボイルド評論家・翻訳家である小鷹信光を招いてハードボイルド講習会を主催したりと企画段階では小鷹自身のハードボイルド論に基づいて本格的な主人公の設定が提案されている。しかし、実際の映像ではアドリブが頻発するなど、本気と冗談の境界線を行き来するかのような独特の世界観が築かれた。

口数が多くコミカルな演技と、吹き替えなしのアクションシーンのギャップ等、松田の演じた本作品の主人公は、それまでのシリアスでニヒルなハードボイルドのヒーロー像を一変した。

松田が担当した予告編ナレーションも回を重ねるごとにエスカレートし、後半はあらすじがまともに紹介されず、舞台裏の事情、愚痴、松田自身の近況報告に終始するなど、放映当時としては画期的な楽屋ネタの連発となった。

ちなみに楽屋ネタは予告編だけでなく、ドラマ本編においても頻発した(第25話での「あと2回だと思うとファ~ッとやる気が落ちるんだよ」、第17話での「お前ら、来週から来なくていい。プロデューサーさんにそう伝えとくわ」など)。但し、最終回は一転してハードボイルドな展開であった。

局側は原案通りのハードボイルド路線と『大都会 PARTIII』のようなアクション路線を制作側に要求していたが、結果的には松田の演技志向が優先され、コミカル路線にアドリブ演技が交わるテレビドラマとなった。

ちなみに第3話では珍しくカーチェイスシーンがあり、そのシーンにて工藤が「おいおい、まるで大都会 PARTIIIじゃないか!」と前番組の余韻を皮肉るアドリブまで飛び出していた。この第3話は一番最初に撮影され、当初第1話として放送予定であったのだが、後発の村川透監督の作品が「こちらの方が今の時代に合う」というプロデューサー全員の一致した意見で放送順が変えられた経緯がある。

視聴率に関しては『大都会 PARTIII』には及ばず、当時アクション路線を強調していた日本テレビ火曜夜9時枠の作品としては異色作扱いされ、一時マイナー作品として見られていた。

だが松田が亡くなった直後に追悼の意をこめて再放送されたのを機に、新規のファンを増やす事となり、ついには松田の入門的かつ代表的作品にまで登りつめた感がある。


-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


yusaku01.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/393-434c20e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
工藤俊作に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
2007/11/20(火) 05:30:36 | クチコミコミュニケーション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。