横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜サザンオールスターズ


members.jpg


LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:島健 管編曲:山本拓夫)
松嶋菜々子、椎名桔平主演で不倫を描いたTBS系ドラマ『Sweet Season』主題歌となった。ドラマの視聴率はあまり振るわなかったが、本作は低迷していたサザンのシングルセールスから久々のヒット曲を生むこととなった。タイトル、歌詞の内容は不倫がテーマになっており、歌詞の舞台がドラマの舞台ともなっていた。
歌詞に登場する数々のデートスポットは、桑田佳祐がガイドブックを参考に書いたという横浜・大黒ふ頭が中心になっている。ちなみにサビの歌詞『大黒ふ頭で虹を見て』は、レインボーブリッジと横浜ベイブリッジを桑田が勘違いして書いたもので、大黒ふ頭からは横浜ベイブリッジを一望することも出来る。

【大黒ふ頭】
06_079_1.jpg


【レインボーブリッジ】
3-3.jpg

イントロとアウトロ部分には歓声が入れられており、擬似ライブを演出しているが、歓声はサザンのライブで収録されたものではなく他のミュージシャンのライブ音源からサンプリングされたもの。PVもライブを模したものになっており、同時にドラマとリンクさせる形で、カップルが横浜・みなとみらいやホテルなどで戯れるシーンも収録されている。このPV中のライブは前年の年越しライブ『おっぱいなんてプー』で収録された。PVのみ、最後に同ライブでの本物の歓声が収録されている。
なお、タイアップがTBSのドラマであった関係からか、TBS系列では大きなイベント番組の際によくテーマソングとして起用されることがある。この点は「希望の轍」と事情が似ている。
2007年6月30日には東野圭吾が角川書店より長篇小説『夜明けの街で』を刊行した。この小説のタイトルはこの楽曲の冒頭のフレーズからとって付けられたものである(「ダ・ヴィンチ」2007年7月号)。また内容的にも不倫を扱っていたり、横浜を舞台としたりするなど、関連性が見られるほか、小説中に登場人物がこの楽曲をカラオケで唄うシーンが登場し、楽曲の状況に不倫をしている主人公が心境を重ね合わせている。この小説については桑田も2007年7月7日の『桑田佳祐のキヤノンFMワンダーランド やさしい夜遊び〜』内で触れ、楽曲との関連性について言及した。また、面白かったと読後の感想も述べている。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/417-d8720f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。