横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜といえばこのお土産《ありあけのハーバー》


img10451727471.jpg


1954年に横浜市鶴見区にあった有明製菓株式会社より発売された。当時は戦後の食糧難を引きずり、まだ洋菓子自体が贅沢品とみなされていた頃、ふんだんに用いた栗に夢を託し、もじってロマンと命名されたが、船をかたどったデザインであったことから1966年にミナト横浜にちなんでハーバーに改称された。以後、地元のテレビ局などにおいて積極的に宣伝を行い、独特な旋律のCMで南関東における知名度はかなり高く、また人口の割には土産物の品数が少ないという特殊な事情も加わり、ハーバーは地元髄一の銘菓としての地位を確立させるまでに成長するが、製造元の有明製菓がバブル期の不動産投資に失敗し1999年に倒産、ハーバーの生産も中止されて一旦市場から姿を消してしまう。

しかし、崎陽軒のシウマイと並んで横浜土産の定番であったことからその消滅を惜しむ声が強く、元従業員や市民による復活運動の末、町田市の洋菓子会社が商権を引き継ぐ形で、2001年に新生・有明製菓を設立し「ありあけのハーバー」の発売を復活させている。ただ、復活時に栗あんの食感を多少いじっているため必ずしもオリジナルのまま復活したわけではない。また、復活後は横浜銘菓にこだわる姿勢を強調していることから、東京方面に卸すことはなくなった。

なお、金沢区にあった旧有明製菓の工場は現在はスーパーオートバックス横浜ベイサイド店になっている。

1970年代は夕方の子供向け番組の時間帯を中心にテレビCMを放映していた(当時のNETテレビにて)。しかし近年は地元のtvkでしかCMは見られない。以前のCMで流れる歌は藤本房子の独唱だったが、現在のCMは女性の合唱団と思しきコーラスである。

2007年現在、横浜スタジアムのレフト後方に広告看板がある。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

地元さくらも大好きな、お菓子です。しっとりしている口当たりの良い上品な味。横浜のお土産に是非どうぞ!

*この商品はネットでの通販購入も可能です。楽天店舗内にもありますので活用されてみてはいかがですか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/418-2bfd967b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。