横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜出身の有名人


今東光


80.jpg


今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 - 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)・小説家・画家・参議院議員。血液型はB型。

作家・評論家で文化庁長官を務めた今日出海は弟。

横浜で生まれ、実父が日本郵船勤務のため、小樽・函館と転々とした後、9歳より大阪で育つ。関西学院中学部を第3学年の1学期の終わりで退学になった後、兵庫県立豊岡中学校に転校するも地元の娘と恋愛したため、素行が悪いとされて退学処分を受ける。関西学院の後輩に稲垣足穂がいる。 その後上京し、谷崎潤一郎の無給秘書を務めつつ画家をめざしたが小説に進み(ただし絵はその後も続けている)、川端康成らの第6次「新思潮」の発刊に同人として参加。さらに「文芸春秋」にも参加するが、一時は彼を評価していた菊池寛と互いに激しく対立したことなどから昭和初期に文壇を去る。

1932年に浅草寺伝法院で出家し、比叡山延暦寺で修行後、茨城県大花羽村の安楽寺の雇われ住職を経て、1951年に大阪府八尾市中野の天台院の住持となる。天台院住持時代に作家活動を再開し、谷崎潤一郎の後押しで吉川英治に注目され、1956年に『お吟さま』で直木賞を受賞。作家活動再開後は『悪名』『闘鶏』『河内風土記』など、八尾周辺の河内地方に取材した一連の「河内もの」を立て続けに発表し、流行作家となった[1]。また『悪名』は1961年に勝新太郎・田宮二郎出演の映画となりシリーズ化されるほど大ヒットした。

僧侶としてはその後大僧正となり中尊寺貫主を務める。中尊寺貫主時代に瀬戸内晴美を得度させ、また1968年には参議院議員選挙に自由民主党から立候補、当選し1期務めた。

型破りな性格としても有名で、数々の過激発言を残している。「毒舌説法」でテレビや週刊誌でもコメンテーターとして人気があり、週刊プレイボーイの過激な人生相談(「極道辻説法」)でも知られた。下ネタを多用したため「エロ坊主」と言われた。

S字結腸癌に急性肺炎を併発し、千葉県四街道市の病院で死去。



長谷川伸

hase1.jpg


長谷川 伸(はせがわ しん、明治17年(1884年)3月15日 - 昭和38年(1963年)6月11日)は、日本の小説家、劇作家。本名、伸二郎。神奈川県横浜市(日ノ出町)の土木業の家に生れる。ほかの筆名に、山野芋作、 長谷川芋生、 春風楼、 浜の里人、 漫々亭、 冷々亭、 冷々亭主人などがある。 実母は横浜市泉区の出身。 船渠勤めを経て明治44年(1911年)から都新聞社(現東京新聞)の演芸欄を担当する記者。大正3年(1914年)前後に『講談倶楽部』や『都新聞』に山野芋作のペンネームで小説を発表しはじめ、大正11年(1922年)以降、長谷川伸のペンネームで作品を発表するようになる。
大正14年(1925年)には大衆文芸を振興する「二十一日会」の結成へ参加し、大正15年(1926年)都新聞社を退社後、作家活動へ専念した。昭和2年(1927年)、江戸川乱歩、土師清二、小酒井不木、国枝史郎らと「耽綺社」を設立、昭和8年(1933年)の「二十六日会」結成など、大衆文芸や演劇の向上を目的とした活動においても知られるようになる。
また主宰していた文学学校(勉強会)の門下生には、長谷川幸延、村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎らがおり、後世への大衆文芸活動を支えた。また、各地方における地方史の研究に関しても、かれの門下生は多大の貢献をしているが、今日では逆にその在野史家の研究内容を中央の出版界が無断で横奪する行為(大学教授が「新書」としてアリバイを作り、流行作家に書かせるケースが多い。俗にいうパクリである)が繰り返されておりこの「長谷川山脈」の遺産を食いつぶしている惨状は目を覆わんばかりである[要出典]。
昭和38年(1963年)死去。享年79。昭和41年(1966年)に長谷川伸賞が設立された。  



大佛次郎


14.jpg


大佛 次郎(おさらぎ じろう、男性、1897年(明治30年)10月9日 - 1973年(昭和48年)4月30日)は、日本の作家・小説家。『鞍馬天狗』シリーズの作者として有名で、そのほか現代小説や歴史小説などを幅広く手がけた。本名は、野尻清彦。神奈川県横浜市英町10番地の宮大工の家に生まれる。長兄は、英文学研究者で天文に関する著述で知られる野尻抱影。

白金小から東京府立一中、一高を経て、東京帝国大学政治学科を卒業。その後、鎌倉高等女学校(現・鎌倉女学院高等学校)教師となった。ついで外務省嘱託となり、この時代に小説を書き始め、退職して小説家の道に進んだ。

娯楽雑誌『ポケット』に事実上のデビュー作となる小説「隼の源次」を発表するときに「大仏次郎」の筆名を使い、以後この名前で著述活動をおこなった。この筆名の由来は、執筆当時、鎌倉の大仏の裏手に住んでいたことからだという。

生地に近い港の見える丘公園に「大佛次郎記念館」がある。また鎌倉の邸宅は「大佛茶廊」として保存されている。

1964年に文化勲章受章。



島尾敏雄


shimao.jpg


島尾 敏雄(しまお としお、男性、1917年4月18日 - 1986年11月12日)は、横浜市出身の作家である。長崎高商を経て九州大学を繰り上げ卒業。第十八震洋特攻隊隊長として、奄美大島に赴任。

戦後、赴任地の小学校の教員をしていた大平ミホと結婚し、神戸で富士正晴らとともに『VIKING』創刊。上京して吉本隆明、奥野健男、詩人の清岡卓行らと雑誌『現代評論』を始めるが、妻の病気のため妻の実家がある奄美に帰島。鹿児島県立図書館奄美分館長などを務めた。また、カトリック信徒であった夫人の親戚に勧められ、昭和31年(1956年)に奄美の聖心(みこころ)教会で、カトリックの洗礼を受ける(洗礼名ペトロ)。その後昭和51年に名瀬市から指宿市西方に住所を移し、鹿児島純心女子短期大学で教鞭をとっていた。純心女子短期大学退職後、昭和52年に神奈川県茅ヶ崎に移住。昭和60年に娘のマヤが、鹿児島純心女子短期大学の図書館司書に就職したのを期に、鹿児島県姶良郡加治木町に移住。昭和61年鹿児島市宇宿町に自宅を購入。亡くなる3日前 宇宿町の自宅で、書籍の整理中に脳内出血を発症し、鹿児島市立病院に搬送されるが意識が戻らぬまま、昭和61年11月12日死去。また作家の椋鳩十は、島尾敏雄が県立図書館奄美分館長時代の上司に当たる。

妻は同じく作家の島尾ミホ。長男は写真家の島尾伸三で、漫画家のしまおまほは孫にあたる。心因性の精神症状に悩む妻との生活を描いた『死の棘』は小栗康平によって映画化されカンヌ国際映画祭に出品された(審査員大賞受賞)。作品は主に超現実主義的な『夢の中での日常』などの系列、戦争中の体験を描いた『出孤島記』などの系列、さらに家庭生活を描いた『死の棘』などに大別される。

「ヤポネシア」なる概念を考案したことでも知られる。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/450-40f39598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カンヌ国際映画祭 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
2007/12/18(火) 20:20:30 | 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。