横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜の歴史【5】地蔵王廟


img04_R.jpg


在日中国人は、明治25(1892)年ごろまで、山手の外国人墓地を利用していましたが、
中華街が形成されるようになると、独自の墓地を持つようになりました。
地蔵王廟はこの墓地に建てられたお寺で、日本で亡くなった中国人を故国に帰すまでの間、
仮に葬る場として設けられました。

しかし、たび重なる政変により船の航行が中止され、祖国へ帰る夢を絶たれた多くの柩が、
ここを永眠の場として横たわっています。


_f3GCA_s.png


民家もまばらな小道の奥に、中国独特の極彩色の牌楼門があり、石畳を上ると右に墓地、
左に柩小屋が建ち、納棺された遺骸が安置されています。
境内の一隅にある赤いレンガ造りの廟の須弥檀には、インド風の地蔵菩薩像がまつられていました。

jizou.jpg

 

その先の六角堂には、「安骨堂」と書かれた偏額が掛けられています。
長い線香が途絶えることなく焚かれ。異郷の地で亡くなった人々は、今も祖国に思いをはせここに眠っている。

ろっかく


住所:中区大芝台7
アクセス:JR山手駅から徒歩15分



-横浜歴史参照-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/472-109d600f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。