横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田中豊雪

yokohama.jpg


田中 豊雪(たなか とよゆき、1961年4月29日 - )は、神奈川県横浜市出身のベーシスト。青山学院大学中退。

1981年にTHE SQUAREに加入し、1986年退団。スクェア時代に作曲した「OVERHEAD KICK」はスクェアの11thアルバム『S・P・O・R・T・S』収録曲の中でも安藤まさひろ作曲の「LOVE IS IN MY SIGHT」や和泉宏隆作曲の「宝島」と並ぶ人気曲である。

スクェア退団後は渡辺満里奈や渡辺真知子のサポートバンドでリーダーを務めたり、アーティスツ・ヴィレッジの講師を務める等多彩な音楽活動を続けている。スラップ奏法に定評が有るベーシストであり、ライブの時の見せ場はベースを頭上に担ぎ上げて弾いたり、唇(前歯?)でベースの弦を咥え上げてプラッキングして観衆を大いに沸かせていた。

スクェア在籍時、武道館でのイベントで演奏中にステージから飛び降りたという逸話がある。武道館のステージは非常に高く出来ており、危険なため飛び降りるミュージシャンはまずいない。1985年年末のスクェア武道館ライブにおいて和泉宏隆より「武道館のステージから飛び降りたのはロッド・スチュワート、大友康平、そして田中豊雪だ」とこの逸話が紹介された。





西山毅


pic.jpg


西山毅(にしやま たけし、1962年1月7日 - )は、日本のミュージシャン。元ハウンド・ドッグのギタリスト。横浜市神奈川区出身

1984年、蓑輪単志の推薦で、ハウンド・ドッグに新ギタリストとして加入。その演奏技術には定評があり、ハウンド・ドッグに否定的な音楽ファンからも高く評価されている。ギター雑誌での連載を始め、ソロアルバムがギタリストオススメの1枚として紹介されたりしている。


1993年頃フジテレビで放送されていた深夜番組「寺内ヘンドリックス」に「ギター侍」として出演。海外のギタリストに「ギター対決」を挑んでテクニックを見せつける企画で、一部で評判となった。

「自分が本当にやりたい音楽とハウンド・ドッグの音楽性は異なる」趣旨の発言をかねてから繰り返し、ファンを心配させていたが、2006年にハウンドドッグを辞めさせられるまでは、自らの意志で脱退することはなかった。1997年、ソロアルバム「CREATURE」を発表。「脱退」後はさまざまなセッション活動の傍ら、教則本の模範演奏などでも活躍している。

実家が歯科医だったため、歯科技工専門学校に通っていたことがある。ハウンドドックへ入る前に、『C-C-B』に誘われたが長髪を切るのが嫌で断り、その後ハウンドドッグ入りして直ぐに髪をバッサリ切った。

整った容姿とスタイルで女性ファンの人気を得ている。そして真のギター好きで、暇さえあれば練習漬けであるという。演奏中にギターを体の後ろで弾いたり、見せ場でギターをクルッと回すスタイルは当時では国内のミュージシャンでは余り例が無く、コピーバンドのギターも良く真似をしていた。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/520-a3726a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。