横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜港





横浜港(よこはまこう)は、神奈川県横浜市の東京湾岸にある港湾である。港湾管理者は横浜市。港測法上は京浜港横浜区と称する(京浜港は、他に川崎区(川崎港)と東京区(東京港)がある)。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)開港。金港の別称を持つ。

関税法施行令上の開港で日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつ。スーパー中枢港湾の指定を東京港と共に受けている。

indexphoto.jpg


黒船来航と横浜開港


c3325.jpg


1853年(嘉永6年)、アメリカ合衆国のペリー提督率いる黒船が浦賀沖に来航(黒船来航)。翌1854年(嘉永7年)には再度来航し、幕府の態度が表明されるまでの間、六浦湊外周の小柴舳沖(武蔵金沢藩(六浦藩)=横浜市金沢区)に2ヶ月間投錨。厳重な態度の幕府や、乙舳海岸に陣を張り物々しい六浦藩とは裏腹に、民間レベルでは、漁師の獲った魚や艦隊側のビスケットを差し入れし合うなど、いち早くフランクな異文化交流が行われていたと記録されている。その後、幕府は神奈川湊の対岸にある武蔵国久良岐郡横浜村に応接所を設置してペリー一行を上陸させ、協議に臨んだ結果、日米和親条約(神奈川条約)を締結した。その後、1858年(安政5年)には神奈川沖のポーハタン号上で結ばれた日米修好通商条約(安政五カ国条約)により神奈川の開港が定められた。

幕府は、松代藩士佐久間象山、外国奉行岩瀬忠震らの意見により、東海道に直結する神奈川宿・神奈川湊を避け、対岸の横浜村に開港場を新設することを決定。対して諸外国の公使は神奈川の開港を求め、神奈川宿周辺に領事館を開いた。しかし、開港後は居留地で取引が活発化して神奈川湊は衰退し、居留地が外国人向けに整備されるなど既成事実が積み重なり、諸外国も横浜開港を受け入れた。

横浜沖はすぐに水深を増し、南に野毛山があるため風を防ぐ天然の良港であった。とはいえ当時の横浜村は砂州の上に形成された半農半漁の寒村で、居留地、波止場、神奈川運上所(税関)、神奈川奉行所などを整備し、東海道から横浜村に至る脇往還(よこはま道)が短期間で造成された。これらの事業や初期の町作りを担ったのは、神奈川宿・保土ヶ谷宿や周辺の村々の人たちだった。横浜開港の成功の背景には、神奈川湊及び同宿によって培われた経済的基盤が存在した。下田出身の写真家・下岡蓮杖の浄瑠璃「横浜開港奇談 お楠子別れの段」では、開港の功労者として吉田新田の吉田勘兵衛、保土ヶ谷宿本陣家の軽部清兵衛、石川村名主の石川徳右衛門を挙げている。

1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)、横浜港は開港し、貿易を開始した。横浜市は6月2日を開港記念日としている。開港に先立ち、幕府は横浜への出店を奨励する御触を出し、江戸の大商人や神奈川湊など江戸湾内の廻船問屋のほか、全国から一旗揚げようと意気込む商人が集まり、横浜は急速に発展した。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/522-22aa2aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。