横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜で生まれたアイスクリーム


あいす


今でこそアイスクリーム片手に街を歩く姿など珍しくはないが、明治2(1869)年の日本では、最高のぜいたくだった。我が国初の氷水屋として馬車道に開業した町田房造の店が「あいすくりん」を売り出したが、一盛り二分と、とても高価。たまに外国人が食べるくらいで、日本人はそれを、ただ珍しそうに見物するだけだったという。
 翌明治3年5月、伊勢山皇大神宮の大祭の日、好天に恵まれたこともあって、冷たい「あいすくりん」を食べてみようという珍しがり屋が集まり、店は思わぬ大繁盛となった。このときから、冷たくて、甘くて、そして口の中でとろけるこのお菓子が人々に広まっていったのである。
 房造が店を開いた地の向かい側に、アイスクリーム記念碑「太陽の母子像」が建てられている。

-横浜初めて物語-


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/561-e7290fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。