横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎天下のスポーツによる熱中症
こまめに水分と塩分の補給を

人間の体は半分以上が水で占められています。
水分は体の不要なものを排泄したり、体温を調節したり、
酸素と栄養を運搬したり、と大変重要な役割をしていますが、
体重の2%以上の水分が失われると、このような役割が果たせなくなり、上記のような症状が現れるのです。

急に気温が上がったり、梅雨明けしたばかりの時、
湿度が高い時などが熱中症を起こしやすく、特に高血圧症の人や、
心臓病持ちの人、高齢者などは要注意です。

熱中症の予防は、炎天下や蒸し暑い日の運動を避け、運動は軽めに、徐々にならしてから行う、また水分と適度な塩分を
こまめに補給することが大切です。

のどの渇きを感じたときには、すでに体内の水分は減り始めています。気温の高いとき、運動などで汗を多くかいたときは早めに、ゆっくりと少しずつ水を飲みましょう(スポーツドリンクはおすすめ)。炎天下での着帽を忘れずに。

特にお年寄りは、のどの渇きを感じる感覚が鈍くなっていますので、水分が減っても気づかず、脱水症状が起こりやすいのです。寝る前や起床後にコップ一杯の水を飲むようにしましょう。


-熱中症予防より-

お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ


0405_3.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/69-d71a700c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。