横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は最近増え続けている、食物アレルギーのお話しを、少ししますね。

【食物アレルギーとは?】

○私たちの体は、ウイルスや細菌などの異物が入ると、それらを追い出そうとする免疫と呼ばれる仕組みを持っています。
ところが免疫が過剰に働くと、体にとって必要なものや無害なものまで排除しようとしてしまいます。
これをアレルギーと言いますが、その排除の対象が食物である場合を食物アレルギーと呼びます。


【どんな症状がでるの?】

○人により様々な症状が現れます。

1・皮膚・粘膜症状:かゆみ、じんま疹、発赤、目の充血、まぶたのむくみ、涙が流れる

2・消化器症状:吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、血便

3・呼吸器症状:口の粘膜やのどのかゆみ、違和感(イガイガした感じ)、むくみ、
  くしゃみ、鼻水、鼻がつまる、咳、ゼーゼーする

4・全身性症状(アナフィラキシー症状):頻脈(脈が速くなる)、血圧低下、意識障害

○これらの症状の頻度は、皮膚・粘膜症状が最も多く、
 次いで消化器症状、呼吸器症状、全身性症状の順であると報告されています。

○多くの場合、原因となる食物を食べた後、1時間以内に症状が出ますが、2日経ってから出ることもあります。

○また、アナフィラキシーは全身性の急性アレルギー反応で、急激な症状悪化から死に至る可能性もあります。
食事直後の運動で誘発されることもあり、食物アレルギーの中で約12%がアナフィラキシーを起こすと言われています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/7-445b7320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。