横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙ガイドライン



禁煙と同時に大事なのは、初めからすはないという事。
可笑しな言い方ですが、禁煙する人を支援しながら、喫煙しないように
防煙教育をして行こうと言う事。


喫煙による人体に与える危険性を、理解する教育をという事。
未成年者の喫煙者数が増えている事も、今大きな問題になっています。


中学1年で5人に1人


喫煙経験のある中学生は5人に1人といいます。
高校生になると2人に1人・・・
喫煙開始年齢が低いほど、心筋梗塞や脳卒中になる確率は
かなり高くなります。
又近年肺がんでの死亡率が急激に増えている等、
喫煙の危険度が高まっています。

又突然死症候群もこの喫煙がかなり関わっているという
医学会での報告も。

これからの日本の教育の1つに、


防煙教育は欠かせないものになりそうです

自分の体を自分で守る


             -禁煙ガイドラインより-


060713_2030~02.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/70-bc26ed9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。