横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗をかかないと体はこうなる!


冷房で暑さ知らずの生活をしている
  ↓  ↓  ↓  ↓

汗をかかないので汗腺の機能が低下
  ↓  ↓  ↓  ↓ 

水分の代謝機能が低下
  ↓  ↓  ↓  ↓

血行や新陳代謝が悪くなる
  ↓  ↓  ↓  ↓

溜め込んだ水分で冷え性やだるさの原因に


夏ばてをしないためには、上手に汗をかくこと。
汗腺は自律神経の交感神経のみに支配されている気管です。
交感神経と副交感神経のバランスを良くする事が元気でいる事。

自律神経の働きが悪くなると、体調を崩すことになります。
夏場の汗をかくという自然の働きは、
この自律神経を整えていくという事でもあります。

ですから、上手に汗をかくような、生活環境を作る事をお勧めします。

夏こそ自律神経を鍛える時!

みんな元気に笑顔で夏を乗り越えよう!


1・自律神経の交感神経と副交感神経のバランス作りをしましょう!
2・毎日の生活の中で、メリハリをつけましょう!
3・リラックスをする時間を作りましょう!
4・冷房に当たり過ぎないようにしよう!
5・冷房の設定温度を下げすぎないようにしよう!
6・食事をきちんと摂るようにしよう!
7・睡眠を充分とるようにしよう!
8・適度な運動を心がけよう!
9・つめたい飲み物や食べ物の摂りすぎに注意しよう!
10・シャワーのみではなく、入浴を心がけよう!


昔と今の夏は違う!


昔と今の夏の違い、暑さや湿度の違いは
皆さん感じていることと思います。

昔と違う今の夏の乗り切り方も、
昔とは少し変えて対応しないといけません。

昔は熱中症の患者の数もこれほどではなかったですよね。
まずはしっかりと水分補給をしながら、上記の10項目を心がけて、
楽しく夏を過ごしていきましょう!
           

         -パンプキン参照-


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ


060722_1202~01.jpg





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/79-c8560b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。