横浜デートコース・ショッピングコース・グルメコース・横浜ベイエリア・中華街・横浜元町・山下公園・夜景スポット等満載

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1945年8月6日に広島の上空で炸裂した

1発の原子爆弾は、

人類が核時代へ突入したことを告げる、

恐るべき幕開けを象徴するものであり、

戦争によって、人類は自滅するであろうことを警告し、

戦争が平和かの、二者択一の重大な問題に

直面させるものであった。

以来、核時代に生きなければならない地球上の

総ての人間にとって、

ヒロシマの体験は、常に人類生存への戒めであり、

平和への原点であることを意味する。



さくらが見てきた、広島原爆資料館から。
広島原爆投下直後の被爆者の体験をご紹介します。


被爆者達は水を求め歩いた、やっと救護テントにたどり着くも、
手当といっても止血がやっとだった。
手当を待つ被爆者は橋のたもとにうずくまっていた
罹災証明書を書く警官。
警官自身も窓ガラスでヒタイを傷つけ、頭に三角布を巻いていた。

広島第二陸軍病院構内の太田川土手につくられた収容テント内の状況。
8月8日ごろ、付近の兵営や病院から被爆者が集まった。
救援のトラックの上で、負傷した少女が水を飲む気力もなく、
死を待っている。
黒髪は原爆によって抜け落ち、無残な姿となった。
治療に使うガーゼすらまともなものが無い。
やけどの治療を受ける婦人の目には、生気など微塵も感じられない。
爆心地から約1キロメートルの木造家屋内で被爆した、日本人兵士。
口内炎、脱毛がみられる。この兵士は2時間後に死亡した。
爆風によって着物の模様の濃い部分が皮膚に焼きつき、
熱線のものすごさを物語る婦人の背中。

-原爆資料館画像資料より参照-


二度と繰り返してはならない悲劇


お気に入りに追加
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
訪問のお礼に参上!
蜂の子を手土産に・・・!アッ、忘れちゃった!
今度、もって来るね、ん?要らないだって?
原爆~!悲惨な出来事ですね、
そうだ、リンクお願い出来ないか?ヨロシクです、
ランキング、応援して・・と、またね、
2006/08/10(木) 17:54 | URL | bee83 #-[ 編集]
あはは☆ご訪問ありがとう。

手土産の蜂の子、今度持ってきてね^^

リンクしますね。

そうそう、HPのほうにもリンクしましょうか?
2006/08/11(金) 08:47 | URL | さくら #u2lyCPR2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakuranbo66.blog58.fc2.com/tb.php/93-0d24d763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。